FC2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年11月 (1)
  • 2019年10月 (9)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    内助の功
    NHK大河ドラマ「功名が辻」が最終回を迎えた。
    なかなか見ごたえのあるドラマだったと思う。
    山内一豊は豪傑ではなく、知将でもなく、強いて言えばとても
    生真面目で律儀なのが取り柄という武将だ。
    浪人の身から織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という3人の天下人
    に仕え、順々に出世し「功名」を得ていく人生。現代のビジネス
    社会に通じるところがあり、その点が人気の高い由縁だろう。

    人気の理由のもうひとつは、当時の武将としては全く希有な存在
    だったと思うが、妻の他に側室をもたなかった点かも知れない。
    妻・千代をこよなく愛していたということもあるだろうが、若い頃
    から苦労をともにしてきた妻に対し、義理を欠くと一豊は思ってい
    たに違いない。千代の内助の功により駿馬を買ったのは有名な話だ
    が、内助の功はもうひとつある。それは関ヶ原の合戦の前のこと。
    千代は大阪で石田三成の監視下にいながらも、一豊への密書に
    「自分はどうなってもいいから家康に尽くしなさい」と記し、それ
    を開封せずに家康に渡すよう言付けたという。
    一豊はその言葉通りにし、家康への忠誠を誓ったのである。
    内助でありながらも戦略家だったように思えてしょうがない。

    ちなみに当時の武将で側室を持たなかったのは、明智光秀、徳川秀忠
    などが有名だ。俺だって仲間由紀恵みたいな女房だったら、側室は
    持たないと思う・・・・・・たぶん・・そうでもないか?


    スポンサーサイト





    映画・テレビ・芸能 | 22:34:27| Trackback(0)| Comments(2)
    コメント
    やりたければ・・・・。
    浮気を したくなければ それでいい。
    理由は 何でもいい。妻を愛している。反道徳的だから 等など。
    浮気をしたいのに 出来ないのはダメだ。
    やりたければ やった方がいい。辻褄くらい どうにかする。頭を使え。
    バレた時の 覚悟くらいしておく。
    昔 ビートたけしが 「お前ら ヤクザになれないから カタギやってんだろ」
    そうなんだよ。やれないヤツに とやかく言われる 筋合いは無い。
    2006-12-11 月 19:23:42 | URL | しゃあ あずなぶる [編集]
    ほんじゃあ...
     たとえば、バレたとき、なんだかんだと言い訳したとする。ほんじゃあ、お返しにと、奥様が浮気したとしたら...許せる? (^^;)
     そこが、男と女の、微妙な違いなんだろナ。
     「浮気は男の甲斐性!」「不倫は文化だ!」なんて言ってる人いるけど、相手の気持ちも、ちっとは考えてほしいなァ。
     でも、昔やってた、夫婦を紹介する番組で、京唄子さんや、ミヤコ蝶々さんが言ってた。「ダンナさんを大事にしないと、他の女のとこに走りますよ。」って。私も、気をつけよう...。
    2006-12-13 水 01:08:46 | URL | 六番目の貞子 [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する