fc2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年09月 (12)
  • 2021年08月 (12)
  • 2021年07月 (13)
  • 2021年06月 (10)
  • 2021年05月 (9)
  • 2021年04月 (10)
  • 2021年03月 (12)
  • 2021年02月 (11)
  • 2021年01月 (10)
  • 2020年12月 (10)
  • 2020年11月 (10)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年09月 (11)
  • 2020年08月 (12)
  • 2020年07月 (12)
  • 2020年06月 (9)
  • 2020年05月 (9)
  • 2020年04月 (13)
  • 2020年03月 (13)
  • 2020年02月 (15)
  • 2020年01月 (13)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    奥多摩湖のドラム缶橋
    以前から渡ってみたいと思っていた「奥多摩湖のドラム缶橋(麦山の浮橋)」。
    かつてはドラム缶を使っていたとのことだが、現在ではポリエチレンの浮子
    が使用されている。思いの外、揺れが激しくスリリング、湖面に吹く風が
    心地いい。

    この橋を渡ると奥多摩湖の南岸を歩く2.5kmのハイキングコース「湖畔の小道」
    があり、さらには「山のふるさと村」から小河内ダムまでの「奥多摩湖いこい
    の路」が整備されている。紅葉の季節にはとても良いハイキングコースらしい。





    スポンサーサイト



    散歩 | 22:29:52| Trackback(0)| Comments(0)
    街の住みここちランキング
    以前の勤務先が中央区、というだけの理由で「中央区観光協会特派員」
    とやらをもう11年も続けている。たいした活動はしていないが、
    中央区については、それなりの愛着もある。

    さて、そんな中央区だが、"街の住みここちランキング<全国版>"
    昨年に続いて"第2位"になった。
    この調査では、実際に住んでいる人々がその街に対して 住み心地や
    住みやすさを どのように感じているのかについて調べたとのこと。

    この調査によると「中央区」の魅力は、銀座や日本橋など全国的にも
    有名な商業中心地がある一方、月島や人形町など下町風情のある街も
    ある東京都を代表するエリアのひとつ。
    また、臨海部の勝どきや晴海周辺は都心部再開発などにより大規模
    マンションが多数あり、交通利便性だけでなく、生活利便性も高い
    地域と記載されていた。

    ちなみに、わが街「足立区」は、第511位。。。。(泣)



    日記 | 22:03:57| Trackback(0)| Comments(0)
    脳トレ昭和クイズ
    ちょっと気になったので、備忘メモ。



    昭和レトロ | 11:11:57| Trackback(0)| Comments(0)
    案山子?
    俺が住んでいるところは、東京都の最北端で畑が残っていたりと
    田園風景ちっくなところだ。
    なんたって、近所には「田園クリニック」という名前の病院が
    あり、以前は「田園病院」と名乗っていた。
    家庭菜園を趣味にしている身分としては、近所の農家が上手に
    畑仕事をしているのはとても参考になっている。

    今日も近所をウロウロと散歩していたら、畑で休憩している人
    がいた。しかし微動だにしないので、近づいてよく見たら人形
    のようだ。恐らく案山子の類だと察したが、突然こいつがいると
    ぎょっとする。夜、暗いところでなくて良かった。。。



    散歩 | 15:28:47| Trackback(0)| Comments(0)
    驚異の燃費
    銀河鉄道もびっくり! 驚異の燃費「99.9km/リッター」





    なんちゃって。。。



    日記 | 13:08:21| Trackback(0)| Comments(0)
    婉曲的な表現
    「犬の落とし物」か、、、直接的な表現を避け、遠まわしに
    角が立たないような言い回し、これを"婉曲的な表現"と言う。



    雑学・ネタ | 22:01:04| Trackback(0)| Comments(0)
    タケダのプラッシー
    街を散策していたら「プラッシー」の文字が目に飛び込んできた。
    お米屋さんでないと買えないタケダのオレンジジュース。
    「果汁入り」というものを初めて飲んだのがこれだった。
    飲料にビタミンCをプラスしたことから、「プラッシー」と命名
    されたとのこと。
    ちなみに、タケダと言えば、我々の世代ならウルトラマンや
    柔道一直線をパブロフの犬の如く思い出すのだ。



    昭和レトロ | 17:23:27| Trackback(0)| Comments(0)
    9時6分
    「9時6分」という名前の居酒屋らしい。



    散歩 | 22:33:56| Trackback(0)| Comments(0)
    もじゃハウス
    地元、竹ノ塚で見つけた「もじゃハウス」



    散歩 | 22:31:34| Trackback(0)| Comments(0)
    ジョキンザウルス
    イオンモール川口に買い物を行ったら、
    買い物かご除菌装置「ジョキンザウルス」を発見。



    おもしろグッズ | 16:28:44| Trackback(0)| Comments(0)
    個人事業主 1周年
    個人事業主になって、ちょうど1年がたった。
    結論を出すにはまだ早いが、個人事業主になって良かったと思う。
    生活のリズムはサラリーマンの頃よりも規則正しい。
    目覚まし時計に起こされるストレスがなくなったことは有り難い。
    BGMに軽音楽を流しながら、自分の裁量で仕事ができるので
    効率は上がった。通勤も煩わしい人間関係もなくなり、そういう
    意味では快適だが、もう少し刺激が欲しいと思うこともある。
    複雑な事柄や悩ましい問題が生じた時は、ボケ防止のパズルを
    しているのだと思うようにしている。仕事相手がこちらの意向と
    違うことを言い出した時は、「ほぉ~そうきたか」と将棋でも
    指している気持ちだ。

    いつまで働けるかどうかわからないが、身体が元気なうちは仕事
    を続けたいと考えている。
    デスクワークなので、運動不足にならぬよう気をつけている。
    毎日の散歩や健康管理は仕事の一環だ。



    日記 | 09:53:45| Trackback(0)| Comments(0)
    中銀カプセルタワー
    銀座8丁目にある「中銀カプセルタワービル」はとても個性的だ。
    中央区銀座にあるビルということで「なかぎん」と読む。
    黒川紀章氏によって設計されたもので、世界初の実用化された
    カプセル型集合住宅で丸い窓が、ブロック玩具のように並んでいて
    ひとつひとつの部屋がカプセルになっている。その数は140個。

    もともとの発想では、古くなったカプセルを新しいものと交換して
    新陳代謝していくものだったが、1972年に竣工されてから一度も
    カプセルは交換されることなく老朽化が進んでしまった。
    そして今年3月、管理組合で敷地売却が決議され、現在は住人の退去
    とカプセル売却が進んでいるとのこと。

    そんな中、任意団体『中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト』
    は<中銀カプセルタワー見学ツアー>を開催している。
    見学時間、約45分 参加費:3000円/人
    ただし、その人気ぶりから、11月末までの見学ツアーはすべて満員
    となっており、12月以降の開催スケジュールは 9月末に公式サイト
    にて公開するとのこと。なくなる前に見学しておこうかと思う。



    ニュース | 11:33:16| Trackback(0)| Comments(0)