fc2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年09月 (12)
  • 2021年08月 (12)
  • 2021年07月 (13)
  • 2021年06月 (10)
  • 2021年05月 (9)
  • 2021年04月 (10)
  • 2021年03月 (12)
  • 2021年02月 (11)
  • 2021年01月 (10)
  • 2020年12月 (10)
  • 2020年11月 (10)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年09月 (11)
  • 2020年08月 (12)
  • 2020年07月 (12)
  • 2020年06月 (9)
  • 2020年05月 (9)
  • 2020年04月 (13)
  • 2020年03月 (13)
  • 2020年02月 (15)
  • 2020年01月 (13)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ゴジラvsコング
    映画「ゴジラvsコング」がなかなかの好評のようだ。
    コロナ禍でなければ、観にいきたいところだ。
    「シン・ゴジラ」で見せた放射熱線の破壊力を知る者から
    すれば、単純に"飛び道具"を使うゴジラに軍配があがると
    思うのだが、きっと頭の良いコングが頭脳プレーで応戦し
    いい勝負をしてくれるのだろう。
    テレビ放映が待ち遠しい。← ケチ



    スポンサーサイト



    映画・テレビ・芸能 | 22:13:08| Trackback(0)| Comments(0)
    尿酸値
    先日の健康診断で「尿酸値が高い」とあった。要するにアルコールの
    飲みすぎで控えればいいのだが、わかっちゃいるけどやめられない。

    尿酸のイメージだが、酸性のおしっこを排出しているのだろうか。
    まるで映画「エイリアン」の血液が強度の酸で、それを浴びた人間は
    溶けてしまうように、俺のおしっこなら虫は死ぬのかなぁ~などと
    連想してみた。(笑)

    そういえば、子どもの頃に「ミミズにおしっこをかけるとチンチンが
    痛くなる」という噂があり、実際にトライしているアホな友人もいた。
    もしかしたら、酸で溶けた蒸気がチンチンに影響したのかなと真剣に
    考えるようになった尿酸値の高さである。



    日記 | 22:00:19| Trackback(0)| Comments(0)
    親戚のおじさん
    よく言われることだが「よその子の成長は早い」。
    つい先日まで幼児だと思っていた芦田愛菜ちゃん、鈴木福くんは
    いつの間にか17歳の高校生になっていたし、寺田心くんは中学生だ。
    浅田真央ちゃん、福原愛ちゃんは気がつけば大人になっている。
    小さな時から知っているというだけで、自分が親戚のおじさん
    にでもなったかのようだ。勝手なもんだが勘弁してくれ。



    日記 | 22:21:02| Trackback(0)| Comments(0)
    縦揺れ・横揺れ
    近所の遊歩道を散歩しているとジョギングしている人と
    すれ違う時、どうしても若い女性の場合、顔と胸に目が
    いってしまう。初老助平オヤジの悲しい性だ。

    相手が巨乳だと、なおのこと嬉しいが、ふと疑問がある。
    おっぱいが縦に揺れている人と横に揺れている人がいるのだ。
    この現象の違いはどこからくるのだろうか。
    人間工学と物理学の観点から400文字以内で回答して欲しい。



    えっち | 16:36:30| Trackback(0)| Comments(0)
    お辞儀ハンコ
    サラリーマンを約40年やっていて、俺は初めて知ったのだが
    金融業界や官公庁などの慣習に「お辞儀ハンコ」というものが
    あるらしい。

    お辞儀ハンコとは、稟議書のように社内で複数人の承認が必要
    な書類で、“部下が上司にお辞儀をしているよう「左斜めに
    傾けて」ハンコを押す”ものだそうだ。
    この場合、社長に対して、常務以下がお辞儀していることになる。

    なんともバカバカしい慣習だと思ったが、電子印鑑でもハンコ
    を押す角度を変えることができる機能があるようだ。
    こんなところにも「ハンコ文化」の名残りが継続されているのか。

    そういえば、以前の職場で外国人がハンコを作り押印された
    書類がまわってきたのだが、そこには「カッパマン」とあり
    無性に笑ってしまったことがあったなぁ~。
    カッパマンさん、ごめんなさい。



    雑学・ネタ | 22:05:31| Trackback(0)| Comments(2)
    モテる時のステージ
    最近、ラジオを聴くことが増えた。
    TBSで安住紳一郎氏がこんなことを言っていた。

    異性からのモテ方は年齢によって違ってくる。
     10~20代  見た目がいい
     30代    美味しいレストランを知っている
     40代    良い趣味を持っている
     50代    いい病院を知っている、病気に詳しい
     60代    内蔵が強い(食欲がある)
     70代    足腰が強い
     80代    すぐに立つことができる

    10代で自分がモテないと悩んでいる人への安住氏からのアドバイス
    「人生はモテる時のステージがいつか来ます」



    雑学・ネタ | 10:50:05| Trackback(0)| Comments(0)
    ワクチンなんのその
    地元小学校で第一回目のコロナワクチン接種をしてきた。
    思いの外、あっけなく終わリ、今のところ、副反応もない。
    ニュースでは、若い人の方が副反応の症状がでる傾向にある
    らしく、還暦を過ぎた人はそうでもないとのこと。

    振り返れば、昭和時代を生きてきた我々は、大腸菌がウヨウヨ
    の通称「しょんべんプール」で泳ぎ、チクロ・人工着色料たっ
    ぷりの駄菓子を食べ、光化学スモッグを吸い、不衛生環境の中
    で育った。さらには脱脂粉乳と体罰で鍛えられた身体がある。
    コロナワクチンなんのそのだ。



    日記 | 12:33:46| Trackback(0)| Comments(1)
    真っ直ぐな道
    近所の風景。この写真だと分かりづらいが、真っ直ぐに
    延びた道路で、恐らく1000m以上はあるだろう。

    以前、クイズ番組で23区で1キロを真っ直ぐに歩ける場所
    はあるか?という問題で、答えは「エスカレータを逆走する」
    とあったが、いやいや現実に足立区にあるんですよ。



    散歩 | 16:35:16| Trackback(0)| Comments(0)
    てるてる坊主
    普段、デスクワークなので毎日、5000歩以上の散歩を
    心掛けているものの、こうも雨ばかりだと歩数計のカウンター
    が上がらない。
    そんな中、近所を歩いていたら、「てるてる坊主」を発見。
    最近は目にすることも少なくなり、旧友にでも会った気分。
    あーした、天気にしておくれぃ~



    散歩 | 16:23:36| Trackback(0)| Comments(0)
    七夕
    本日7月7日は七夕、なぜ「たなばた」と読むのか調べてみた。
    織姫が着物を織る際に使用したとされる「棚機(たなばた)」
    という棚のついた機織機(はたおりき)が由来とのこと。


    歌詞『たなばたさま』 作詞:権藤はなよ
    ささの葉さらさら
    のきばにゆれる
    お星さまきらきら
    きんぎん砂子(すなご)

    五しきのたんざく
    わたしがかいた
    お星さまきらきら
    空からみてる




    雑学・ネタ | 15:51:51| Trackback(0)| Comments(0)
    マンガでなく実話
    朝日新聞の4コマ漫画「ののちゃん」
    なんと、これとまったく同じ経験がある。




    日記 | 22:48:51| Trackback(0)| Comments(0)
    勝どき橋の思い出
    隅田川に架かる「勝どき橋」は、日本で現存する数少ない可動橋(跳開橋)
    で東洋一の規模と言われていたが、船の減少や交通量の増加を理由に
    現在、開閉は停止している。
    1940(昭和15)年に完成し、1970(昭和45)年11月29日までの30年間「ハの字」
    に開いて、船を通していた。

    俺が小学生の頃、父と車に乗って勝どき橋を渡ろうとしていた時の話。
    橋の手前で信号が赤になり、サイレンが鳴り橋が跳開する知らせ。
    父は少しふてくされて「あーあ、しばらく待たないとダメだなぁ~」と
    言っていた。20分間、開いていたとのことで恐らく通過するのに30分以上、
    要したと思われる。待っている間に、父の子どもの頃の話などをしてくれた。

    「勝どき橋」で思い出すのは、アニメ『魔法使いサリー』の最終回だ。
    サリーとカブは魔法の国へ帰らなければならなくなり、馬車で街を抜けて
    勝どき橋にさしかかると橋が開き、それをジャンプ台にして馬車は夜空へ
    飛び立つという感動的なシーンだった。

    『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にも勝どき橋が登場する。
    「勝鬨橋ひらけ!の巻」で両津勘吉が中学生の頃、開閉しなくなった勝どき橋
    の開いた姿を転校する体の弱い友人に見せるために、運転室に忍び込んで橋を
    開けるという泣ける話だ。
    「こち亀」に関連すると、2011年8月に香取慎吾さん主演で映画化されたが、
    そのタイトルは「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を
    封鎖せよ!」。クライマックスでは勝どき橋の開放シーンがCGで描かれている。
    暴走する大型ミサイルを回避するために勝どき橋を開き、これまたジャンプ台に
    するという内容。
    CGで開放した勝どき橋


    このように勝どき橋はアニメや映画では、ジャンプ台になり活躍する場面
    がある一方、東京タワーのように破壊されやすい一面もある。
    例えば、映画『ゴジラ』では、ゴジラが東京を壊滅させ、海へ帰るついでに
    勝どき橋はひっくり返された。
    『帰ってきたウルトラマン』でも、怪獣との戦いに巻き込まれ破壊されて
    いたし、映画『日本沈没』では、大震災でねじれて崩壊。

    再び跳開させようとの市民運動の動きはあるものの、復旧に莫大な費用(東京都
    の試算では約10億円)がかかることや多数の道路交通量があることから、
    実現化することは難しいようだが、いつの日にか跳開する勇姿を見てみたいと思う。




    昭和レトロ | 16:44:01| Trackback(0)| Comments(0)
    ゾロ目
    ナンバープレート、4桁のゾロ目はたまに見かけるが
    5桁のゾロ目は初めてみた。思わずパチリ。



    日記 | 12:29:29| Trackback(0)| Comments(0)