■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年08月 (7)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    IKURAちゃんの格言
    最近、巷で流行っている「 IKURAちゃんの格言」
    下ネタでくだらないが、笑いを我慢できない。
    一部、紹介させていただく。
    -------------
    「自然をなめちゃいけないが、自然になめるのはしょうがない。」
    「将来の蓄えよりも、今咥えてくれる人を大事にしよう。」
    「大学とチンコは、入るまでが難しい。」
    「命を簡単に投げ売ってはいけない。男が精子をかけていいのは女の顔だけだ。」
    「締まりのない顔の女ほど、締まりが良い。」
    「習うより慣れろ。洗う前に舐めろ。」
    「人生に失敗はつきものだけど、おっぱいは吸うものだ。」
    「大丈夫。俺は舐めて伸びるタイプだから。」
    「大仏とチンコはデカい方が良い。」
    「ブスのおしっこは毒だが、美人のおしっこは薬。」
    「学校は中退してもよいが、童貞は卒業した方が良い。」
    「デートの前に来るのが早いと喜ばれるが、デートの後にイクのが遅いと嫌われる。」
    「上司とチンコは、適切な時と場合にたててこそ意味がある。」



    スポンサーサイト
    えっち | 22:32:12| Trackback(0)| Comments(0)
    今日もビールが美味い!


    日記 | 22:47:40| Trackback(0)| Comments(0)
    衣張山
    鎌倉のハイキングコースの中でも、絶景を楽しむなら、衣張山(きぬばりやま)
    がお薦めだ。とりわけ展望台『パノラマ台』からの絶景<鎌倉・逗子の街並み
    と海を楽しむことができる>は低山ながらも素晴らしい。




    山歩き | 22:13:02| Trackback(0)| Comments(0)
    鳴虫山
    日光市にある「鳴虫山」を歩いてみた。
    この山は駅からすぐ近くに登山口があるというのがウリなのだが
    敢えて車で行く。高級旅館のような市役所の駐車場は土日は無料
    開放してくれている。
    標高1102mと低山ながらもアップダウンが激しく、意外とハードだ。
    ちょうど1週するかたちになる。
    途中に沢や滝があるわけでもなく、眺望もイマイチで森林浴に
    きたと思うことにした。
    ゴールとなる「憾満ガ淵」は渓谷が清々しく疲れが吹き飛んだ。




    山歩き | 22:59:16| Trackback(0)| Comments(0)
    まんだら堂やぐら群
    国指定史跡 名越切通
    まんだら堂やぐら群




    山歩き | 23:58:08| Trackback(0)| Comments(0)
    食べ過ぎました



    ネタ切れ | 23:31:09| Trackback(0)| Comments(0)
    聖子ちゃんカット
    神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加が結婚した。
    巷のうわさでは、母親の松田聖子に結婚の報告を
    していなかったとか・・・
    もし真実なら、これが本当の「聖子ちゃんカット」だ。



    映画・テレビ・芸能 | 23:03:57| Trackback(0)| Comments(0)
    遥かな尾瀬
    夏が来れば思い出すぅ~、遥かな尾瀬♪ を仲間4人と歩く。
    写真の通りゲレンデ状態で、見渡す限り雪、そして雪。
    大清水駐車場から雪解け水の沢を渡り、尾瀬沼を抜けると
    宿泊する「長蔵小屋」だ。
    尾瀬沼から見た燧ケ岳(ひうちがたけ)がビューテホー。
    水芭蕉にはまだ早い時期だが、所々で赤ちゃんが咲いていた。

    長蔵小屋は4/29に営業を開始したばかりで、周囲は雪に
    閉ざされており、5月だというのに、部屋には炬燵、食堂
    にはストーブだ。あと1ケ月くらい朝晩はこんな寒さが続く
    らしい。夕飯は意外とゴージャスで栄養満点。

    翌日は登ってきたコースをそのまま下るが、軽アイゼンを
    付けても滑る。そんな矢先、案の定 Kさん滑落。
    怪我なく無事で本当に良かった。やっぱ、雪山は怖いと
    改めて痛感したが、振り返れば楽しい2日間であった。



    山歩き | 23:43:36| Trackback(0)| Comments(0)
    下町おもしろ工芸館
    人形町にある『下町おもしろ工芸館』を訪れた。
    博物館の類かと思い、中に入ったところ、手作り工芸品と
    リサイクル着物のお店のようだ。
    『下町おもしろ工芸館』のホームページによると、
    日本の伝統工芸技術を継承し現代に活かすことを目的に、平成6年
    に設立されたリサイクル着物と手作り工芸品を扱っているとのこと。
    和小物・ 和飾りや小粋な江戸の情緒が楽しめて、おもしろ小物や
    伝統工芸品を中心に「心温まる」商品が中心だそうだ。
    具体的には 手ぬぐい、風呂敷、七宝焼き、のれん、組紐、木版画
    アクセサリー、袋物、ピエロ人形、ねこグッズ、和紙細工、古紙細工
    など多彩だ。

    さらに興味深いのは独自の講習会を行っている点で、
    例えば自分だけのオリジナル帯締めが作れる「組紐」講習会がある。
    教材費は3,675円、講習料は2,000円




    散歩 | 23:42:23| Trackback(0)| Comments(0)
    自宅でいちご狩り
    家庭菜園 今年もイチゴが実をつけてきた。
    かたちが不細工なものほど甘いって知ってた?



    家庭菜園 | 23:39:15| Trackback(0)| Comments(0)