■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    川苔山
    今年の夏も北アルプスを登るつもりだ。今回は日本で3番目
    に高い「奥穂高岳」を予定している。
    今日はそのトレーニングという意味で「川苔山」を歩いた。
    奥多摩で最も渓谷が美しいと言われている山で以前から
    視野に入っていた山だ。

    奥多摩駅からバスで約10分くらいの所に登山口がある。
    いきなり沢が現れて、せせらぎが心地よい。
    山頂までの途中、いくつもの滝があり、苔むした岩があり
    屋久島を彷彿させてくれる。こういう沢沿いでほぼ平坦な
    山歩きが好きだ。
    「百尋の滝」は落差は40メートルとなかなか見事である。
    登山口から山頂まで3時間半、俺的にはちょうど良いコース
    タイムだ。山頂からの眺望は残念ながら今日はイマイチ。

    下山は鳩ノ巣駅を目指すのだが、行きと違って変わり映えの
    ない単調な景色を2時間半歩く。バスでなければ、山頂から
    ピストンで同じコースを戻った方が良いかと思う。
    往復6時間の山歩きは程よいトレーニングになったかと思う。



    スポンサーサイト
    山歩き | 23:21:01| Trackback(0)| Comments(0)
    タマゴボーロ
    新聞を読んでいて、ふと目にとまった記事。
    「タマゴボーロ」の考案者が亡くなったとのこと。

    実は俺は「タマゴボーロ」には思い入れがある。
    小学校の遠足ではいつも"300円までのおやつ"の1つに
    含まれていた。口の中に入れて、そのままにしておくと
    溶けていく感覚が好きだった。
    大学生の時、彼女とドライブに出掛け「タマゴボーロ」
    を取り出したところ、そんなものはお子ちゃまが食べる
    ものだと死ぬほど笑われたことがある。
    その時まで子ども向けのお菓子だとは知らなかった。
    以来、食べるのが恥ずかしくなり遠ざかっていたが、
    自分に子どもができて娘が美味しそうに食べているのを
    みて、一緒に食べたことを昨日のように覚えている。

    「タマゴボーロ」の考案者の竹田和平さんのご冥福を
    お祈りいたします。



    ニュース | 12:20:47| Trackback(0)| Comments(1)
    面白コインロッカー
    水兵リーベ 僕の船
    元素記号のコインロッカー、記号を忘れたら荷物を引き出せません。
    今回発見された113番 nihonium(ニホニウム)「Nh」は紙が貼っていて
    更新されていた。




    雑学・ネタ | 23:22:09| Trackback(0)| Comments(1)
    こだわりのオムライス
    この店の「オムライス」は個人の好みと独断で言わせて
    いただければ、これまで食べた中で一番美味い。
    銀座 歌舞伎座の近くにある『ア・ヴォートル・サンテ・エンドー』
    といい長いカタカナに弱い俺には店名は覚えられない(汗)。

    もちろん料理は色々とあるが、何と言ってもこの店の
    お薦めは「こだわりのオムライス」だ。
    値段は1300円と少々高めだが、後悔することはない。
    鶏は大山地鶏、ご飯は魚沼産コシヒカリの新米、産地直送
    の新鮮な卵、それをひと皿で4個も使用するという贅沢さ。
    たっぷり入った玉葱はとても甘く、バターたっぷりのホワホワ
    たまごに濃厚なトマトケチャップ。
    たまごの焼き具合は、とろっとした感じではなく、固くもなく、
    ふんわり加減がちょうど良い。
    シンプルゆえに絶妙なオムライスの完成形だと思う。
    ディナータイムにはエビやホタテを加え、磯の香りがたっぷりの
    「海の幸のオムライス」(1680円)も味わえるそうだ。



    日記 | 23:11:50| Trackback(0)| Comments(0)
    絶品の立ち食い蕎麦屋
    勤務先の日本橋界隈では『そばよし』 と言う絶品の立ち食い
    蕎麦屋がある。「ブラタモリ」でも紹介され、食通のタモリ
    さんが絶賛したというから、お味はお墨付きだ。
    店に入ると鰹節の香りがしている。実はこの店は老舗の
    鰹節専門店の中弥商店が経営する立ち食い蕎麦屋なので
    上質のダシがきいているわけだ。
    独断だが、お薦めは「かき揚げ蕎麦」と「けんちん蕎麦」だ。
    ふんわりと揚げられたエビたっぷりのかき揚げは美味い。
    野菜がどっさりの具沢山のけんちん蕎麦も満足できる。
    そしてダシに負けじとそば粉の香りもとてもGood。

    さらに鰹節専門店ならではの隠れた人気メニューがある。
    ズバリ「おかか」だ。ご飯にふりかけ、醤油を少しかけて
    食べてみて欲しい。シンプルながら絶品としか言いようがない。

    しかし、安くてうまいお店には宿命とも言える「行列」は
    避けられない。とりわけランチタイムの行列は見事だ(汗)。
    店は狭く満席状態なので、窮屈感は否めないが それゆえ
    食べたくなる蕎麦なのだ。



    日記 | 23:35:17| Trackback(0)| Comments(0)
    アンティークショップ『EXPO』
    上野桜木町、アンティークショップ『EXPO』。
    20年前から営業していたが、一昨年 家事で休業。
    久しぶりに立ち寄ってみたら、ますます怪しげになり
    リニューアル。もともとは大阪万博グッズを扱って
    いたようが、色々な懐かしい系もあり見てるだけ
    でも楽しい。写真撮影OK。




    散歩 | 23:30:08| Trackback(0)| Comments(0)
    市役所とデパートのコラボ
    栃木市 蔵の街を散策。
    市役所とデパートが同じビルに入っていた。
    なんでも市役所側がデパートを誘致したとのこと。
    珍しかったので、写真をパシャリ。



    散歩 | 23:54:07| Trackback(0)| Comments(0)