■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    尾瀬ヶ原ハイキング
    遥かな尾瀬。4月の尾瀬沼に続いて同じメンバー+企画者の同級生で
    尾瀬ヶ原にハイキング。天気は小雨が降ったり止んだりの生憎の
    空模様だったが、暑くも寒くもなく気候的にはちょうど良かった。
    至仏山と燧ヶ岳を眺めながら木道をのんびりと歩く。
    名前はわからないが、色々な高山植物の花が咲いていた。
    こういう時に花の名前を知っているとカッチョイイのだが。
    途中、企画者の登山靴のゴム底がはがれるというトラブルもあったが
    同行者が結束バンドを持参しており、応急措置ができた。
    こういうトラブルも後々、良い笑い話になり印象的だ。
    「原の小屋」という山小屋に泊まる。広い個室、風呂、水洗ウォシュレット
    豪華な夕食、、、とても山小屋とは思えないほどの快適さ。
    今年の夏の最後の思い出。また来よう。



    スポンサーサイト
    山歩き | 23:11:14| Trackback(0)| Comments(0)
    角帽ケーキ
    早稲田大学近くにあるD-style tokyoというケーキ屋で
    "角帽ケーキ"というものがあるそうだ。



    雑学・ネタ | 23:40:39| Trackback(0)| Comments(0)
    ガソリン給油口
    たまにレンタカーを借りることがあるが、ガソリンを満タン
    にして返す際、あれー、給油口は右だったかな、左だったかな
    と迷う時がある。
    そんな時はここを見れば表示されているんだってさ。
    (三角マークのある方)知らなかったなぁ~



    雑学・ネタ | 23:32:55| Trackback(0)| Comments(0)
    バナナ
    最近の俺の朝食はバナナ、野菜ジュース、ヨーグルトてなところ。
    ところでバナナの房をサランラップで包むと黒くなりづらいとの
    こと。実際にやってみたが、確かに効果はある。
    知らなかったなぁ~



    雑学・ネタ | 23:26:52| Trackback(0)| Comments(0)
    トム・クルーズ
    トム・クルーズは歳を重ねて、ますますカッチョよくなって
    きていると思う。



    映画・テレビ・芸能 | 23:12:48| Trackback(0)| Comments(1)
    スポコン展
    「スポーツ根性もの」略してスポコン!中でも『あしたの
    ジョー』『エースをねらえ!』『アタックNo.1』『巨人の星』
    は4大「スポ根」と言えよう。
    これらの名場面や原画などを一挙公開する「スポコン展!」
    が松屋銀座で開催される。

    スポコン漫画は1960年代から70年代、日本の高度経済成長期
    に絶大な人気を博し、今なお日本のアニメ界では一目置かれ
    る作品だ。主人公たちは共通して血の滲むような特訓、ライ
    バルとの凄絶な戦い、挫折、必殺技、勝利に至る。
    当時の子どもたちは主人公に勇気を与えられ根性の素晴らしさ
    を教えられたものだ。
    その熱い物語を会場で感じてみてはいかがだろうか。

    そういえば、俺たちが中・高校生の頃「うさぎ跳び」は定番
    だったが、今では膝を痛めるという理由でまったく行っていない。
    また当時、真夏でも運動中に水を飲むのは根性のないやつで
    ろくに水分補給もせずにスポーツしていたから笑ってしまう。
    クラブでは水飲み場に先輩が見張っていたもんなぁ。
    まぁ、いいか悪いかは別として精神面が鍛えられたのは事実
    だろう。あの時の冷たい麦茶は本当に美味かった。


    会場:松屋銀座8階イベントスクエア
    会期:2015年8月26日(水)~9月7日(月)<13日間>
    開場時間:10:00~20:00
    入場料:一般1,000円、小学生300円




    昭和レトロ | 23:04:44| Trackback(0)| Comments(0)
    口唇ヘルペス
    高山は涼しいが、日差しは強いので、日焼け止めクリームが
    欠かせない。それでも陽に焼けて黒くなった。
    そして強い紫外線が原因のようだが、くちびるに小さな水ぶくれ、
    口唇ヘルペスになってしもうた。(泣)

    皮膚科に行って聞いたところ、幼児期に母親から口移しでものを
    食べたりして感染するものらしい。俗に「愛のウィルス」とも
    呼ばれているそうだ。
    たしかに子どもの頃、母親はお雑煮を喉に詰まらせてはいけないと
    口でちぎってくれた。姉から聞いた話だが、鼻水がかめない時は
    母親が口で吸ってくれたとも言う。

    こういうことで母親からウィルスが感染したようで、40歳以上の人
    は60~70%が保有しているとのこと。
    俺の場合、体調の悪い時や日焼けした時に年に1~2度、再発する。
    格好悪いが、母親の愛情の現れだと思うと さほど嫌なものでもない。
    お母さん、ありがとう。。。




    日記 | 23:48:58| Trackback(0)| Comments(1)
    女王様が好き
    北アルプス縦走、最初の山は「燕岳(つばくろだけ)」、
    俗に"北アルプスの女王"と呼ばれている。
    振り返れば、去年 初登山の山は南アルプスの女王・仙丈ヶ岳
    だった。やはり俺は女王様が好きなようだ。
    ♪私を女王様とお呼びぃ~ ピシ~バシ~

    ちなみに、3000メートル近くでは、お菓子の袋がパンパンになる。(笑)




    山歩き | 23:26:15| Trackback(0)| Comments(0)
    北アルプス縦走
    二度目の本格的な山登り。北アルプス、常念山脈35キロの縦走だ。
    8/2、新宿発の深夜バスに乗り安曇野穂高駅~タクシーで登山口の
    中房温泉に行く。
    8/3、早朝5時に登山開始、目指すは燕岳。ここは北アルプス三大
    急登のひとつ。いい天気だ。大汗をかきながら10:30到着。
    いきなり絶景が広がる。苦労して登ってきた人だけのご褒美である。
    ランチ休憩の後、宿泊する山小屋(大天荘)に向かう。
    右手にはとんがった槍ヶ岳、穂高連峰などの素晴らしい景色を
    眺めながらの尾根歩き。疲れた身体に今日のゴール、大天荘までが
    実に遠かったが、15:00到着。休憩を含め10時間歩く。

    8/4、今日も快晴。日本百名山でもある「常念岳」を目指す。
    6:20出発、山頂まではアップダウンを繰り返し、大汗になりながら
    ようやく到着。これまで同様、北アルプスの絶景が間近に広がる。
    本日の宿泊先の蝶ヶ岳ヒュッテに着いたのは15:30、休憩を含め
    9時間の山歩き。アルコールを飲みながら素晴らしい夕焼けを堪能。

    8/5、蝶ヶ岳山頂でご来光を見る。なんとも神々しい。
    6:00下山開始。ひたすら山を下ること4時間。以前、膝を痛くした
    経験がトラウマとなって下山は必要以上に時間をかけて、ゆっくり
    歩いた。徳沢園というところまで来たら、後は平坦だ。
    途中、明神館で働く知り合いに挨拶し、名物の岩魚定食をいただく。
    ゴールは上高地、河童橋に12時到着。最終日も6時間歩いた。
    温泉で2日分の汗を流し、松本駅から特急あずさで新宿に。
    帰宅は18:00、風呂の後のビールが最高に美味かった。

    約4万円の費用をかけ、大汗をかき、身体は疲れ、粗末な食事と
    シャワーすら浴びることのできないことが、そんなに良いのかと
    聞かれたら、納得させる回答はない。絶景が見れるとしか言いよう
    がないのが山歩きなんだろう。




    山歩き | 23:23:03| Trackback(0)| Comments(0)