fc2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2024年02月 (4)
  • 2024年01月 (7)
  • 2023年12月 (5)
  • 2023年11月 (6)
  • 2023年10月 (10)
  • 2023年09月 (10)
  • 2023年08月 (11)
  • 2023年07月 (10)
  • 2023年06月 (10)
  • 2023年05月 (10)
  • 2023年04月 (11)
  • 2023年03月 (10)
  • 2023年02月 (10)
  • 2023年01月 (10)
  • 2022年12月 (9)
  • 2022年11月 (10)
  • 2022年10月 (10)
  • 2022年09月 (11)
  • 2022年08月 (11)
  • 2022年07月 (10)
  • 2022年06月 (10)
  • 2022年05月 (11)
  • 2022年04月 (11)
  • 2022年03月 (10)
  • 2022年02月 (10)
  • 2022年01月 (10)
  • 2021年12月 (14)
  • 2021年11月 (10)
  • 2021年10月 (10)
  • 2021年09月 (12)
  • 2021年08月 (12)
  • 2021年07月 (13)
  • 2021年06月 (10)
  • 2021年05月 (9)
  • 2021年04月 (10)
  • 2021年03月 (12)
  • 2021年02月 (11)
  • 2021年01月 (10)
  • 2020年12月 (10)
  • 2020年11月 (10)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年09月 (11)
  • 2020年08月 (12)
  • 2020年07月 (12)
  • 2020年06月 (9)
  • 2020年05月 (9)
  • 2020年04月 (13)
  • 2020年03月 (13)
  • 2020年02月 (15)
  • 2020年01月 (13)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    奈良監獄から脱獄せよ
    小説「奈良監獄から脱獄せよ」(和泉 桂)を読んだ。
    脱獄もの・脱出モノが好きなので、タイトルだけで
    読もうと思った。

    大正時代に冤罪で、日本初の西洋式監獄である奈良の
    監獄に収監された主人公が、脱獄を試みる・・・という内容。
    主人公は数学の教師で、得意分野を活用してスリリングな
    展開で脱獄する「ショーシャンクの空に」みたいなストーリー
    を期待したが、意外とあっさり成功してしまった感。
    むしろ脱獄に至るまでの心理的な葛藤や男同士の友情が作者が
    描きたかった内容かも知れない。
    俺的にはもっとドキドキ感が欲しかったな。

    ちなみに、この奈良監獄は実在し、現在は観光スポットになって
    おり、2026年に星野リゾートがホテルと史料館としてオープン
    する計画だ。



    スポンサーサイト



    BOOK | 12:31:18| Trackback(0)| Comments(0)
    小説『正体』
    知り合いがFacebookで、この小説が面白かったと推薦されて
    いたので、関心を持った。当ブログでも書いたことがあるが、
    俺は「脱獄モノ」「脱出モノ」「逃走モノ」が好きなので、
    この小説も大いにはまってしまった。
    脱獄した死刑囚のギリギリの逃走劇と人間ドラマが読み応え
    あって面白かった。打ち震える結末はとても切なくて感動
    できる作品だ。WOWOWでドラマ化されている。



    BOOK | 12:40:58| Trackback(0)| Comments(0)
    小説『夢幻花』
    東野圭吾の小説『夢幻花』を読んだ。
    黄色いアサガオをキーワードに、複数のストーリーが展開される。
    様々な伏線を綺麗にまとめ上げている点は東野圭吾らしい。
    内容的にドラマ・映画化されそう。

    物語の中で老人が話す次の言葉が印象的だった。
    『辛いことがあった時には、このおかげで一歩成長できたと
    思えばいいのです』



    BOOK | 10:02:33| Trackback(0)| Comments(0)
    小説『方舟』
    『方舟』(夕木 春央)が評価が高かったので、読んでみた。
    謎解きのミステリー小説だ。
    カルト教団が残した地下施設に10人が偶然閉じ込められ、
    地震と浸水が重なって刻々と死が迫る極限状況下で連続
    殺人が起こる。設定が現実的でないので、無理があるなぁ
    と思ったが、読んでいくうちに引き込まれていく。
    そして最後の大逆転劇は見事な展開で驚愕した作品だ。



    BOOK | 13:15:35| Trackback(0)| Comments(0)
    他人が幸せに見えたら深夜の松屋で牛丼を食え
    「他人(ひと)が幸せに見えたら深夜の松屋で牛丼を食え」
    なんともユニークなタイトルの本だ。
    ここでひとつ素朴な疑問。なぜ吉野家・すき家でなく、松屋
    なのだろうか?



    BOOK | 18:18:19| Trackback(0)| Comments(0)
    野良犬の値段
    小説「野良犬の値段」を一気に読んだ。
    これまで百田 尚樹氏の作品はほとんど読んだが、これも
    ぐいぐいと引き込まれていくストーリー。
    不幸にしてホームレスになった頭の良い犯人が、身代金
    を略奪して復讐するという内容。
    百田作品のラストは清々しい気持ちにさせてくれる。



    BOOK | 22:31:35| Trackback(0)| Comments(0)
    脳トレ
    暇つぶしにこんなのを買ってみた。脳が疲れる。



    BOOK | 11:49:23| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ