FC2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年03月 (7)
  • 2019年02月 (12)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    映画「八甲田山」
    先日、録画しておいた映画「八甲田山」を観た。
    高倉健・北大路欣也・三國連太郎・緒方拳・加山雄三など
    豪華キャストの面々だ。
    1977年の映画で、北大路の台詞「天は我々を見放した」は
    当時の流行語になった。

    物語は八甲田山での雪山演習時に遭難199名が亡くなった
    山岳史上最大の事故を基にした小説の映画化で、上映時間
    170分のうち ほとんどが猛吹雪のシーンなので、観ている
    だけでこっちまで寒くなってきたぞ。
    実は映画に見入ってしまい、ストーブが消えていたという
    本当の笑い話。アホなのは俺でした。



    スポンサーサイト
    映画・テレビ・芸能 | 22:33:29| Trackback(0)| Comments(0)
    トクサツガガガ
    NHKドラマ「トクサツガガガ」が面白い。
    職場では女子力が高いと思われている26歳OLの主人公は
    実は戦隊ヒーローが大好きな特撮の隠れオタクという物語。
    勤務先で趣味をひた隠しにして生き、オタク仲間を増やし
    ていく姿を描いているのだが、妙にツボにはまっている。
    今後の展開が楽しみだ。

    そういう俺も「はすぴー倶楽部」というホームページを
    熱心に更新していた頃、職場ではお堅い管理部長だったので
    アホなサイトを作っていることは内緒にしていた。
    昭和オタクっぽかったからね。




    映画・テレビ・芸能 | 22:24:40| Trackback(0)| Comments(0)
    ラブリーな深キョン
    風呂上がりに何気にテレビをつけたら深田恭子主演の
    ドラマ『初めて恋をした日に読む話』をやっていた。
    塾講師(深キョン)と高校生の禁断の恋の物語。
    ここでは36歳の深キョンはなんと「ばばぁ」呼ばわりだ。
    えー、あの深キョンがババァだと、世の中の女性は皆
    ババァになってしまうではないか!
    以前から深キョンは好きな女優さんだったが、特に
    最近はキュートで愛くるしいと思っていた矢先にこれだ。
    ドラマとはいえ、腹を立てている自分がおかしかった。

    ちなみに深キョンのファンには申し訳ないのだけど、
    どうもあのラブリーな顔立ちが「南極2号」を連想して
    しまうんだよね。「南極2号」をご存知ない方は
    スルーしてください(笑)



    映画・テレビ・芸能 | 22:01:14| Trackback(0)| Comments(0)
    倍速再生
    最近の俺は以前のように残業することもなく、7時半頃には
    帰宅している。風呂に入り、夕飯を食べ終わるのが、9時くらい。
    12時に寝るまでの3時間がフリータイムで、だいたい録画した
    テレビ番組や映画を見ることが多い。見たい番組があっても
    敢えて「録画」するようにしている。

    なぜならレコーダーには「倍速再生」機能があり、1.5倍速
    や2倍速で見て、かつCMを飛ばすと約半分くらい短縮できる。
    すなわち60分番組であれば、30分で見終わる。
    じっくり見たい映画やドラマはこの方法は使わないが、クイズ
    番組や山番組、ガッテン、池上彰のニュースそうだったのか
    あたりは倍速再生で時短している。



    映画・テレビ・芸能 | 22:43:00| Trackback(0)| Comments(0)
    鎌倉ものがたり
    先日、テレビで放映していた映画「DESTINY鎌倉ものがたり」を録画
    して観た。「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴監督が制作した作品だ。
    舞台は鎌倉で昭和の匂いがする夫婦愛のファンタジー。
    CG/VFXを活かした山崎監督らしさがあり、全体的にバランスが取れて
    いて満足できる内容だが、欲を言えばもう少し"そうきたか"と思わせる
    ひねりが欲しかったかなぁ~
    こちらのサイトが詳しいです



    映画・テレビ・芸能 | 22:50:04| Trackback(0)| Comments(0)
    豪華すぎる往年のアクションスター
    映画『エクスペンダブルズ』シリーズ(1~3)をBSで放映して
    いたので、録画してまとめて観た。
    この映画、とにかくキャストが豪華で往年のハリウッドスター
    たちを集めに集めたという感じ。

    たとえば、シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワ
    ルツェネッガー、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー
    ドルフ・ラングレン、ブルース・ウィリス、ハリソン・フォード
    適役にはジャン・クロード・ヴァン・ダム、メル・ギブソンなど
    挙げればキリがないのだ。

    『エクスペンダブルズ』の意味は「消耗品」だそうで、この往年
    のオッサンたちが傭兵部隊となり、暴れる。アクションシーンも
    過激で、R15+指定だ。まぁ、あまりストーリー性はないのだが
    痛快であることは間違いない。

    スタローンは『ロッキー4/炎の友情』で敵役だったドルフ・ラングレン
    と仲良しだし、アーノルド・シュワルツェネッガーは『ターミネーター』
    での名セリフ「 I'll be back」も言ったりする。

    そして『エクスペンダブルズ4』が制作されることが決定したそうだ。
    たぶんお金を払っては見に行かないと思うが、テレビで放映された
    時には絶対に観たい映画だ。(ケチ)



    映画・テレビ・芸能 | 22:56:07| Trackback(0)| Comments(0)
    神様はバリにいる
    映画「神様はバリにいる」がとても面白かった。
    もしかしたら、これって実話なのかなと思い調べてみたら
    案の定、バリ島に実在する大富豪の丸尾 孝俊さん通称"アニキ"
    の実際に基づいた物語を映画化したものだそうだ。
    ビジネス・人生の教訓にもなり、ポジティブになれる映画だ。


    【あらすじ】
    露天商から大富豪へと成り上がったアニキに、ビジネスに失敗した
    元女社長が弟子入り!婚活ビジネスに失敗し、借金を背負った
    元起業家の祥子は、失意の中バリ島へ。そこで自称“爽やか”だけど
    爽やかじゃない日本人の大富豪アニキと出会う。破廉恥で胡散臭そう
    な風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たち
    から慕われていた。アニキを尊敬する謎めいた青年リュウも何やら
    ワケありのよう。さらに日本からはストーカーが追いかけてくる始末。
    祥子は藁をもつかむ思いで、お金持ちになるコツを学ぶためにアニキ
    に弟子入りするが・・・。




    映画・テレビ・芸能 | 22:06:48| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ