fc2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2022年11月 (7)
  • 2022年10月 (10)
  • 2022年09月 (11)
  • 2022年08月 (11)
  • 2022年07月 (10)
  • 2022年06月 (10)
  • 2022年05月 (11)
  • 2022年04月 (11)
  • 2022年03月 (10)
  • 2022年02月 (10)
  • 2022年01月 (10)
  • 2021年12月 (14)
  • 2021年11月 (10)
  • 2021年10月 (10)
  • 2021年09月 (12)
  • 2021年08月 (12)
  • 2021年07月 (13)
  • 2021年06月 (10)
  • 2021年05月 (9)
  • 2021年04月 (10)
  • 2021年03月 (12)
  • 2021年02月 (11)
  • 2021年01月 (10)
  • 2020年12月 (10)
  • 2020年11月 (10)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年09月 (11)
  • 2020年08月 (12)
  • 2020年07月 (12)
  • 2020年06月 (9)
  • 2020年05月 (9)
  • 2020年04月 (13)
  • 2020年03月 (13)
  • 2020年02月 (15)
  • 2020年01月 (13)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ハット同盟
    なんか、こういう企画 好きだなぁ~



    スポンサーサイト



    ニュース | 09:02:42| Trackback(0)| Comments(0)
    稲盛和夫氏 死去
    「経営の神様」と呼ばれた京セラ創業者の稲盛和夫氏の訃報。
    元上司の二人が稲盛氏を敬愛していたこともあり、俺も
    少なからず影響を受けた方だ。本も何冊も読んだ。
    よく覚えているのは、稲盛和夫の持論「人生成功の方程式」と
    「利他の心」だ。詳細はこちらを参考。



    ニュース | 22:54:54| Trackback(0)| Comments(0)
    ピグモンナポリタン
    日本橋コレド室町の近くにある創業75年の洋食レストラン
    「日本橋せいとう」。シチリアワインと和牛の専門店で、
    ハンバーグステーキが人気だそうだ。

    このほど、ウルトラマン55周年記念ということで、
    ピグモンナポリタンとカネゴンプリンを提供しているという。
    実際には行ってないが、写真だけご紹介したい。



    ニュース | 09:51:49| Trackback(0)| Comments(0)
    花粉症、がん死亡率半減
    花粉症の季節、俺は軽度の方だと思うが、花粉症のひとりだ。
    薬は飲まずに、鼻スプレーと目薬で凌いでいる。
    嫌われ者の花粉症だが、こんな記事があったので、紹介しておこう。

    --------------------------
    花粉症を発症していると、がんによる死亡率が約半分になるという
    研究結果が東大の研究グループから出ています。
    論文のもとになった調査では、群馬県に住む47~76歳の中高年のうち、
    花粉症を持つ人と持たない人、合わせて約9千人が対象になりました。
    8年間の調査期間中に亡くなった748人の死因と花粉症との関係を調べた
    結果です。花粉症をもつ人では、膵臓(すいぞう)がん、大腸がん、
    脳腫瘍などの発症リスクが大きく低下するという別の調査結果も出
    ています。花粉症が、がんを防ぐ理由は十分には解明されていませんが、
    アレルギー症状を持つ人はがんに対する「免疫監視機構」が強化され
    ている可能性があります。
    私たちの体内では、年齢とともに遺伝子に傷が積み重なり、毎日たく
    さんのがん細胞が発生しています。しかし、免疫細胞が常にがん細胞
    を監視し、水際で殺してくれています。
    花粉症患者の過敏な免疫はがん細胞にも敏感に反応し、殺傷力が高まっ
    ているのかもしれません。




    ニュース | 18:40:28| Trackback(0)| Comments(0)
    ニューオータニ×鬼滅の刃
    老舗ホテルの「ニューオータニ」がこういうコラボをやるんだ?



    ニュース | 11:56:10| Trackback(0)| Comments(0)
    MD生産終了
    MD(ミニディスク)は、ソニーが1991年(平成3年)に発表した
    ものだが、カセットテープに比べて短命に終わった感がある。
    ソニーが生産終了しても、TEACだけは生産を続けていたが、
    ついに販売を終了していたとニュースになっていた。

    MDで思い出すのは、エヴァンゲリオンの碇シンジが「S-DAT」
    という音楽フレイヤーをよく電車の中やベットの上で聴いていた。



    ニュース | 15:57:10| Trackback(0)| Comments(0)
    中銀カプセルタワー
    銀座8丁目にある「中銀カプセルタワービル」はとても個性的だ。
    中央区銀座にあるビルということで「なかぎん」と読む。
    黒川紀章氏によって設計されたもので、世界初の実用化された
    カプセル型集合住宅で丸い窓が、ブロック玩具のように並んでいて
    ひとつひとつの部屋がカプセルになっている。その数は140個。

    もともとの発想では、古くなったカプセルを新しいものと交換して
    新陳代謝していくものだったが、1972年に竣工されてから一度も
    カプセルは交換されることなく老朽化が進んでしまった。
    そして今年3月、管理組合で敷地売却が決議され、現在は住人の退去
    とカプセル売却が進んでいるとのこと。

    そんな中、任意団体『中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト』
    は<中銀カプセルタワー見学ツアー>を開催している。
    見学時間、約45分 参加費:3000円/人
    ただし、その人気ぶりから、11月末までの見学ツアーはすべて満員
    となっており、12月以降の開催スケジュールは 9月末に公式サイト
    にて公開するとのこと。なくなる前に見学しておこうかと思う。



    ニュース | 11:33:16| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ