■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    高畑山~倉岳山
    今週末もまた紅葉を求めて近場の低山を歩く。
    奥多摩や秩父方面の山もいいのだが、駅から登山口まで
    バスを使うケースが多いのが難点だ。またそのバスも
    1時間に1本あれば良い方でタイミングを外すとえらく
    ロスタイムになることもある。
    そんなこともあり、駅から登れる大月方面の山は魅力的だ。

    今回のコースはJR 中央本線 鳥沢駅~高畑山~倉岳山~梁川駅
    休憩を含めて約6時間、俺的にはちょうどいい疲れ具合の
    山歩きである。
    この2つの山は『秀麗富嶽十二景』にも入っていて、富士山
    がとても綺麗に見れるスポットだ。そして沢歩きがしばらく
    続き、清々しい気分にさせてくれた。
    人も少なく、穴場ルートかも知れない。




    スポンサーサイト
    山歩き | 22:27:50| Trackback(0)| Comments(0)
    入笠山・もみじ湖
    紅葉を求めて、南アルプス「入笠山」を歩く。
    作家・田中澄江さんの「花の百名山」でも紹介された高山
    植物が美しい山だ。ゴンドラで気軽に登ることができる。
    山頂からは見事な360度パノラマ眺望、南・中央アルプス・
    八ヶ岳はもとより富士山や遠くは北アルプスなども望める。
    周辺には大阿原湿原や入笠湿原などがあり、ファミリーで
    散策している人も多かった。
    ゆっくり歩いて1周、3時間と初心者向けだ。

    その後、時間もあったので紅葉の穴場「箕輪ダム」に行く。
    『もみじ湖』の愛称があり、湖畔に約1万本のもみじが植えられ、
    ちょうど今が見頃だった。天気がイマイチだったので、写真的
    には青空が欲しいところだったが、紅葉を満喫できた。
    夜はライトアップされそれは幻想的らしい。
    内緒にしておきたいお薦めスポットである。




    山歩き | 23:13:41| Trackback(0)| Comments(0)
    奥高尾縦走路
    以前から歩いてみたいと思っていた「奥高尾縦走路」。
    高尾山~陣馬山を結ぶ約18キロのコースである。
    一般的には高尾山の登山口を起点とし、小仏城山~景信山~
    明王峠~陣馬山と標高を上げて最後に達成感を味わうプラン
    のようだ。しかし某プログにはその逆コースがお薦めとあった。
    陣馬高原下から陣馬山山頂まではややハードだが、後は
    なだらかな下りが続くこと。また何かトラブルがあった際に
    途中からエスケープできること。さらに最後にバテバテだと
    したら、高尾山からケーブルカーで下山できること。
    そしてゴールと同時に温泉に入れること。
    てなわけで、お薦めの逆コースを選んでみた。

    確かに陣馬山山頂まではきついが、ここまで行けばハイキング
    感覚で山歩きができる。とはいえ、18キロの縦走路なので
    休憩時間を含めて7時間くらいかかる。10時にスタートし、
    ゴールの高尾山登山口に到着したのは5時。この季節だと
    薄暗くなっている。
    にもかかわらず、これから登ろうとしている輩が何人もすれ
    違ったので尋ねてみたところ「昼間は混んでいるので」とのこと。
    さすが世界一登山客が多い山だ。(年間の登山者数は約260万人)

    かなり疲れたが、それなりの達成感はあった。紅葉の時期は日没も
    早いので、朝早くから歩き始めた方が良いだろう。
    今度は新緑の季節に歩いてみようか。



    山歩き | 23:03:27| Trackback(0)| Comments(0)
    白駒池 苔の森


    山歩き | 23:02:48| Trackback(0)| Comments(0)
    北八ヶ岳
    先日の弘法山ハイキングに続いて、長野県の北八ヶ岳を山行。
    蓼科にある北八ヶ岳ロープウエイ駐車場に車を置き、ロープウェイで
    山頂駅(2,237m)まで高低差466mを約7分で駆け上がる。
    縞枯山 (2,403m)、茶臼山 (2,384m)、麦草峠 (2,127m)、丸山 (2,330m)
    を経て、高見石小屋で一泊。
    翌朝、ご来光を拝め、白駒池に下る。ここは大人の休日倶楽部で吉永小百合さん
    が訪れて人気になった場所だが平日ということもあり、貸し切り状態。
    苔むす散策路を1周することができる。
    その後、苔の森を抜けて行きとは別ルートでロープウェイに戻る。
    源泉かけ流し天然温泉「音無の湯」に立ち寄り、汗を流し、信州名物
    の蕎麦をいただく。天気に恵まれ良い思い出になった山歩きだった。





    山歩き | 23:47:59| Trackback(0)| Comments(0)
    弘法山ハイキング
    久しぶりの山歩き。神奈川県秦野市の「弘法山」。
    浅間山、権現山、弘法山、吾妻山と4つの山をお散歩気分でミニミニ縦走。
    ゴールは鶴巻温泉。のんびり歩いて3時間とお手頃だ。
    登山道というかハイキングコースは整備されていて、初心者向き。
    始めて登山をしたいという方にはお薦め。
    写真は権現山山頂にある展望台、条件が良ければ富士山もきれいに見れる
    らしいが今回は残念ながらその姿を拝むことは出来ず。
    この展望台には何やら望遠レンズを装備したカメラマンが大勢いて、
    何かを待ち構えている。聞いて見ると鷹の大群が見れるとのこと。

    毎度のことだが、下山後は温泉&ビール。風呂上がりのビールが飲みたくて
    山歩きをしているようなものだ。



    山歩き | 23:55:32| Trackback(0)| Comments(0)
    富士山に登る
    念願の富士山登頂。山歩きを始めてちょうど3年。
    いつか登りたいと思っていた富士山に登る。
    五合目から初心者向けの「吉田ルート」、噂通りの混雑で
    大渋滞の中、ぞろぞろと歩く。半数近くが外国人だった。
    山小屋(本八合目トモエ館)まで6時間を費やす。3人部屋
    に5人で泊まることになり、とても寝れる状態ではない。
    幸いご来光はきれい見れたのが印象的。
    下山は滑りやすく、太陽を遮る木かげもなくただ疲れた。
    よく言われることだが、富士山は登る山でなく、眺める山
    だとつくづく思う。






    山歩き | 23:40:46| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ