FC2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年06月 (8)
  • 2019年05月 (12)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    瑞牆山
    あんなひどい目にあったばかりだというのにまた山登りかい。
    もし今回もまた脚が攣るようだったら、登山をやめるつもりだった。
    先月からカミさんが「シャクナゲが咲いている山に登りたい」
    とのリクエストがあり、日本百名山の『瑞牆山(みずがきやま)』
    を予定していたのだ。
    まぁ、何かトラブルがあっても今回は単独でないからなんとか
    なるだろうと思いつつも、またあんな痛い目にあいたいくない
    という気持ちもあって、超スローペースの歩きにならざるを得ない。

    瑞牆山は山梨県にある標高2,230mの山で、荒々しい岩場が多く
    ハードだが、山頂からの展望の良さで有名だ。「みずがき山自然
    公園」に駐車し、時計回りに周回するコースにした。途中に沢や
    滝があるからだ。シャクナゲもきれいに咲いていた。しばらく歩く
    とゴツゴツした頂きを垣間見る。「ひぇー、あそこまで登るのかい」
    そんなことを何度も口走る。鎖場を幾度も超えて、3時間半を要して
    登頂。360度のパノラマは良かったが、快晴であれば、目の前に
    どかーんと富士山が見えるらしい。こんなに近くまできて富士山
    を拝めなかったことは心残りだが、自然が相手なのでしょうがない。

    下山は登り以上に急な岩場を慎重に降り、富士見平小屋で休憩。
    なんと1杯1000円という山小屋料金のアイスコーヒーだ。
    ここから駐車場まで90分、へろへろになり、最後の力を絞って
    下山。懸念していた脚が攣ることはなく、百名山を踏破できた
    ことで少し自信を取り戻せたかな。



    スポンサーサイト
    山歩き | 22:37:46| Trackback(0)| Comments(0)
    最悪の登山
    奥多摩の川苔山。渓谷が美しいと評判の山で外国人の
    ハイカーも大勢、来ていた。久々の単独での山歩きだ。
    山頂でランチするまでは快適だったが、この後が登山歴
    5年間で最悪の事態となる。

    下山中にいきなり足がつった。これまでも足がつることは
    何度かあったが、5分もすれば痛みはとれた。
    しかし今回は両足同時、脚全体が激痛で立っていられず
    登山道でひっくり返り、のたうち回る。10分経っても
    痛いままで大汗をかいて唸っていると、人が集まってきた。
    「大丈夫ですか?」と心配してくれるが、会話すらできない
    状況。20分しても治らないでいると見かねた人が119番に
    電話し救助を要請している・・・・・



    話が長くなるので、以下 省略。
    生まれて初めてパトカーに乗った。



    山歩き | 23:55:30| Trackback(0)| Comments(2)
    3度目の「棒ノ折山」
    大型連休、当初は静岡の「愛鷹山」を登る予定だったが、
    高速道の大渋滞を考えると疲れそうだったので急遽予定を
    変更して近場(飯能市)の「棒ノ折山」にした。
    早朝5時半に出発したので、渋滞はなかった。

    過去に紅葉の季節に2度登った山で、新緑の時に歩いてみた
    いと思っていた。この山の特徴は「ゴルジュ」と呼ばれる
    切り立ったスリリングな峡谷の沢を登れることだ。
    新緑と渓流のせせらぎが非日常的で実に心地よい。

    山頂手前がハードであるが、ここさえ乗り切ればさほど
    苦しい場面はない。山頂は桜がまだ咲いていてもう1週間
    早ければ満開だったのではないだろうか。ここの山頂は
    広く開けており、眺望も良い。

    下山したところに「さわらびの湯」という有名な温泉があり
    ゆったりと汗を流す。思っていたよりも混んでなかったが
    食事ができないのが難点だな。
    帰りは高速道を使わずに帰宅。行きも帰りも渋滞を避けら
    れたのがラッキーだった。我が家から90分、近くて飽きない
    「棒ノ折山」、何度でも登りたくなる山のひとつだ。




    山歩き | 22:18:34| Trackback(0)| Comments(0)
    鎌倉アルプスでトンビに
    久しぶりの山歩き。元々は奥多摩でもっとも渓谷が美しい
    と言われている「川苔山」を予定していたが、途中のトイレが
    壊れているとかで女性陣が「そんなの無理よ」コール。
    その後、奥多摩の「御前山」に変更したが、おとといに
    まさかの積雪で「危険ざます」コール。
    てなことで、急遽 予定を変更してハイキングに近い
    「鎌倉アルプス」となり「賛成でごわす」コール。

    鎌倉アルプスは何度か歩いたことがあるのだが、今回は
    港南台駅からのマイナー裏コース。
    天気もよく途中、富士山のきれいな姿を拝むことができた。
    女はよくしゃべるなぁ~と思っているうちに大丸山山頂に
    到着しランチ。俺はコンビニでおにぎりとパンを買ってきた
    のでむしゃむしゃ食べていると、トンビが急降下し俺の
    「ツナベーコンマヨネーズパン」をむしり取って去って行った。
    びっくりしたー。一瞬、何が起こったのかパニック状態。

    その後、また同じトンビと思われるやつが我々の頭上を
    旋回している。「おじさん、今の美味しかったら おかわり!」
    とでも言っているかのよう。あるいは「ボーっとメシ食って
    るんじゃねーぞ」かな。
    まぁ、これはこれで後で振り返れば思い出話になるだろうと
    思い、勘弁してあげることにした。

    その後、天園コースに合流し、建長寺に降りて鶴岡八幡宮
    から鎌倉駅。駅前の炉端焼き屋で乾杯。14キロ6時間の
    山歩きだった。



    山歩き | 22:59:51| Trackback(0)| Comments(0)
    伊予ヶ岳
    房総のマッターホルンと呼ばれている『伊予ヶ岳』を登る。
    伊代はまだ 16だから~♪

    三千メートル級かと思いきや、小数点が消えているのだ(笑)
    低山とはいえ、千葉県の山で『岳』がつくのは、この山だけで、
    山頂近くはきつい鎖場の連続で山頂は360°のパノラマ。
    富士山もうっすらと見えて、初心者には達成感のある山だと思う。

    下山後は佐久間ダムに立ち寄る。早咲きの桜が満開で今年一番の
    桜を満喫できた。



    山歩き | 22:20:48| Trackback(0)| Comments(0)
    花嫁街道
    南房総 花嫁街道」を歩く。
    かつて花嫁行列がここを通って嫁いでいったことから名付け
    られたとのこと。
    山頂の烏場山は新日本百名山のひとつで低山ながらも眺望に
    人気があり、伊豆大島・富士山、太平洋を眺めることができた。
    経文石、黒滝、抱湖園といった名所もあり、1周は約13キロの
    ハイキングコース。
    下山するとさすがは南房総、梅や菜の花も咲いていて早春を
    感じる山歩きだった。



    山歩き | 22:32:11| Trackback(0)| Comments(0)
    雨巻山
    今年最後の山歩きは栃木県益子町の「雨巻山(533m)」。
    低山ながらアップダウンが続き、そこそこハードな山だ。
    さすがに年末の平日ということで、ハイカーとすれ違うこと
    もなく、山頂にさえ人がいないという有様。
    沢や滝があるわけでもなく、これといった特徴もなく
    たぶんつまらない山かも知れないが、この標高533の数字
    は我が家にとっては意味があり、こだわりのある数字なのだ。

    車で通っただけなのだが、益子町の散策は面白そうなので、
    今度は街歩きでここを訪問したいと思う。



    山歩き | 22:02:28| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ