fc2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2024年04月 (3)
  • 2024年03月 (9)
  • 2024年02月 (7)
  • 2024年01月 (7)
  • 2023年12月 (5)
  • 2023年11月 (6)
  • 2023年10月 (10)
  • 2023年09月 (10)
  • 2023年08月 (11)
  • 2023年07月 (10)
  • 2023年06月 (10)
  • 2023年05月 (10)
  • 2023年04月 (11)
  • 2023年03月 (10)
  • 2023年02月 (10)
  • 2023年01月 (10)
  • 2022年12月 (9)
  • 2022年11月 (10)
  • 2022年10月 (10)
  • 2022年09月 (11)
  • 2022年08月 (11)
  • 2022年07月 (10)
  • 2022年06月 (10)
  • 2022年05月 (11)
  • 2022年04月 (11)
  • 2022年03月 (10)
  • 2022年02月 (10)
  • 2022年01月 (10)
  • 2021年12月 (14)
  • 2021年11月 (10)
  • 2021年10月 (10)
  • 2021年09月 (12)
  • 2021年08月 (12)
  • 2021年07月 (13)
  • 2021年06月 (10)
  • 2021年05月 (9)
  • 2021年04月 (10)
  • 2021年03月 (12)
  • 2021年02月 (11)
  • 2021年01月 (10)
  • 2020年12月 (10)
  • 2020年11月 (10)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年09月 (11)
  • 2020年08月 (12)
  • 2020年07月 (12)
  • 2020年06月 (9)
  • 2020年05月 (9)
  • 2020年04月 (13)
  • 2020年03月 (13)
  • 2020年02月 (15)
  • 2020年01月 (13)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    高尾山(一丁平)
    高尾山の山頂から30分ほど行ったところに「一丁平」
    という桜の名所があるというので行ってみた。
    今年の桜は全国的に遅いこともあり、ちょうど満開。
    高尾山の山頂から富士山がきれいに見えた。
    山ツツジも咲き出し、新緑も目に優しい。
    まさに「山笑う」季節といったところだな。
    それにしても高尾山って、こんなにしんどい山だったかな。
    俺の体力が衰えただけのことか、、、トホホ



    スポンサーサイト



    山歩き | 20:57:02| Trackback(0)| Comments(0)
    天狗山ハイキングコース
    久しぶりの山歩き。
    栃木県足利市の織姫神社から、天狗山(標高259m)を
    登る初心者向けのハイキングコース。
    写真はカミさんでもなく、愛人でもなく、南野陽子さん。
    BS朝日「そこに山があるから」で放映されていた低山。
    途中にある両崖山山頂は、足利城の本丸跡。天狗山は
    低山ながも眺望はよく雪化粧した浅間山や関東平野を
    眺めることができた。



    山歩き | 22:08:28| Trackback(0)| Comments(0)
    桜山
    群馬県藤岡市の桜山(標高591m)をハイキング。紅葉と冬桜が
    同時に楽しめる。山頂付近は公園になっていて車で来れるので
    ハイカーはほとんどなく閑香な山歩きが出来た。
    公園で休憩していた時、ふと思った。もしかしたら以前にも
    ここに来ているかも??帰宅後、アルバムを確認したら、やはり
    21年前の今頃に両親と姉貴家族と来ていた。初めてのつもり
    だったので、記憶なんていい加減なものである。

    今日のトラブル。カミさんが山頂付近で慌てている。財布の
    入ったポシェットがないと言う。運転免許証とクレジットカード
    も入っているという。途中、暑くなったので上着を脱いだ時に
    ポシェットも外した時に置き忘れたらしい。
    予定では別コースで下山するつもりだったが同じコースを
    戻る。悪い人に拾われて悪用されないといいねと心配したが、
    途中の分岐標識にぶら下がっているではないか。失くしたと
    思われる所から、20分くらいある。親切な人が拾ってくれて
    わざわざ分かりやすい標識にぶら下げてくれたようだ。
    財布には現金も入っていたが、そのまま戻ってきた。
    日本は良い国だ~、拾ってくれた方に感謝!



    山歩き | 18:32:25| Trackback(0)| Comments(0)
    岩櫃山
    群馬県「岩櫃山(標高803m)」、吾妻八景のひとつで、その名の通り
    岩場の多い山だ。低山ながらも鎖場の連続でとてもスリリングな
    岩登りを楽しめた。鎖場に慣れていない初心者にはお薦めはできない。
    途中に「天狗の架け橋」という箇所があるのだが、過去に滑落による
    死亡事故もあり、あまりにも危険なので現在は迂回するようになっている。
    近くまで行ってみたが、やはり天狗でないと渡れそうにない。

    岩櫃山は真田氏ゆかりの難攻不落として天下に名を馳せた岩櫃城が
    あった場所で、大河ドラマ「真田丸」のロケ地にもなっている。

    下山後は、車で30分くらい行ったところにある「奥四万湖」と
    「甌穴(おうけつ)群」に立ち寄る。



    山歩き | 22:43:20| Trackback(0)| Comments(0)
    栗駒山
    宮城県、秋田県、岩手県のにまたがる栗駒山(標高1,626m)を登る。
    登り出しは晴れていたが、途中から雨が降り出す。雨が止んだかと
    思いきや強風で購入したばかりのリックカバーが飛ばされる。
    池のような水たまりがあり、買ったばかりの登山靴が泥だらけ。
    信じられないような沢登りも体験し、なんとか登頂するも
    ガスで眺望なし。

    例年だと今頃が紅葉のピークなのだが、今年は猛暑の影響で
    山頂付近で色づいた程度。なんとか晴れてきて紅葉も多少だが
    楽しめたのがせめてもの救い。
    まぁ、怪我やトラブルなく下山できたのでよしとしよう。



    山歩き | 22:41:11| Trackback(0)| Comments(0)
    玉原高原
    新しい登山靴とリュックサックを買ったもんだから、
    早速、使いたくなるのが人情というものだろう。
    新品の登山靴でいきなり山を登るのは、靴擦れなどの
    トラブルになることがあり、履き慣らすことが必要だ。

    てなことから、軽くハイキングをして、新品靴を慣らす
    ことにした。カミさんから「未来に残したい草原の里
    100選」に選ばれ「小尾瀬」と呼ばれる玉原高原
    (群馬県沼田市:標高1200m)が提案された。
    今はその時期ではないが、ミズバショウやラベンダーが
    きれいなところだそうだ。

    3連休なので、高速道路は渋滞を覚悟していたが、
    スイスイと2時間半で到着。ハイキングコースはいくつか
    バリエーションがあるが、初心者向を選ぶことにした。
    尾瀬のように湿原は木道が敷かれ、歩きやすい。
    その後、ブナ平をゆっくりと歩く。アップダウンがなく
    3時間の軽いハイキングである。

    その後、玉原湖を散策し、「たんばらコキアガーデン」
    に行く。夏は名称を「たんばらラベンダーパーク」に
    変更し、二刀流でお客さんを呼び寄せている。

    帰りは、「関東の好きな道の駅 第1位」の
    「川場田園プラザ」に立ち寄ったもののあまりにも
    すごい混雑で、興ざめだった。



    山歩き | 22:39:32| Trackback(0)| Comments(0)
    登山靴購入
    登山を始めて、10年目に入る。丸9年間使っていた登山靴は
    底がすり減り、リュックサックは汚れが目立つ。
    そろそろ買い替え時期なのだろうと思い、地元のモンベルに
    買い物に行く。特に理由はないが、モンベルは好きだ。

    店員さんは対応が丁寧で色々と教えてもらった。
    登山靴を試着し、階段を歩いてみたところ、「もし踵や
    くるぶしに違和感があるようなら、他社メーカーを検討
    した方が良い」と言う。こういうことを言われると製品
    に自信があるのか、強引な営業をしたくないのかますます
    信頼してしまう。

    リュックサックは山小屋に泊まる機会は減るだろうから、
    今のものより若干、容量の小さなものにした。

    優柔不断な俺は散々、悩んだあげく写真のものにした。
    恐らくあと7~8年これを使い、登山は卒業するだろう。
    それまでよろしくね♪・・・と心の中でつぶやいた。



    山歩き | 13:05:24| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ