■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年06月 (9)
  • 2017年05月 (9)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    大楠山
    山仲間と横須賀にある「大楠山(242m)」に登る。
    低山ながら意外とハード。山頂展望台からは360度の景色が堪能できる。
    三浦半島、伊豆半島、箱根連山、大島、房総半島の一大パノラマだ。
    条件が良ければ、富士山やスカイツリーも遠くに見ることができるらしい。
    ゴールは前田川の沢歩きにした。この川は大楠山の湧き水が集まって
    できた清流で、綺麗な川でしか生息しない鮎、さわ蟹、カワセミ等が
    生息している。全長2.2kmのうち1.4kmが 「前田川遊歩道」として整備
    されている。

    逗子駅から隣の東逗子にある銭湯「あずま湯」で汗を流し、寿司屋で
    ビールで乾杯。呑み過ぎてよく覚えていないのだが、連れが新宿まで
    ロマンスカーで帰ろうというので、それに従ったらえらく遠回りで
    帰宅したのは10時を過ぎていた。まっ、楽しかったらよしとするか。



    スポンサーサイト
    山歩き | 23:46:26| Trackback(0)| Comments(0)
    お手軽なハイキング
    日影沢~小仏城山~千木良 お手軽なハイキングコース。
    下山後は天下茶屋(日帰り温泉)でひと風呂浴びてビール。




    山歩き | 23:52:34| Trackback(0)| Comments(0)
    衣張山
    鎌倉のハイキングコースの中でも、絶景を楽しむなら、衣張山(きぬばりやま)
    がお薦めだ。とりわけ展望台『パノラマ台』からの絶景<鎌倉・逗子の街並み
    と海を楽しむことができる>は低山ながらも素晴らしい。




    山歩き | 22:13:02| Trackback(0)| Comments(0)
    鳴虫山
    日光市にある「鳴虫山」を歩いてみた。
    この山は駅からすぐ近くに登山口があるというのがウリなのだが
    敢えて車で行く。高級旅館のような市役所の駐車場は土日は無料
    開放してくれている。
    標高1102mと低山ながらもアップダウンが激しく、意外とハードだ。
    ちょうど1週するかたちになる。
    途中に沢や滝があるわけでもなく、眺望もイマイチで森林浴に
    きたと思うことにした。
    ゴールとなる「憾満ガ淵」は渓谷が清々しく疲れが吹き飛んだ。




    山歩き | 22:59:16| Trackback(0)| Comments(0)
    まんだら堂やぐら群
    国指定史跡 名越切通
    まんだら堂やぐら群




    山歩き | 23:58:08| Trackback(0)| Comments(0)
    遥かな尾瀬
    夏が来れば思い出すぅ~、遥かな尾瀬♪ を仲間4人と歩く。
    写真の通りゲレンデ状態で、見渡す限り雪、そして雪。
    大清水駐車場から雪解け水の沢を渡り、尾瀬沼を抜けると
    宿泊する「長蔵小屋」だ。
    尾瀬沼から見た燧ケ岳(ひうちがたけ)がビューテホー。
    水芭蕉にはまだ早い時期だが、所々で赤ちゃんが咲いていた。

    長蔵小屋は4/29に営業を開始したばかりで、周囲は雪に
    閉ざされており、5月だというのに、部屋には炬燵、食堂
    にはストーブだ。あと1ケ月くらい朝晩はこんな寒さが続く
    らしい。夕飯は意外とゴージャスで栄養満点。

    翌日は登ってきたコースをそのまま下るが、軽アイゼンを
    付けても滑る。そんな矢先、案の定 Kさん滑落。
    怪我なく無事で本当に良かった。やっぱ、雪山は怖いと
    改めて痛感したが、振り返れば楽しい2日間であった。



    山歩き | 23:43:36| Trackback(0)| Comments(0)
    檜原村を散策
    東京都本州における唯一の村である「檜原村」を歩く。
    今日の目当ては国の重要文化財『小林家住宅』にある250本の
    山ツツジだ。『小林家住宅』は近くの駐車場から急登を30分
    歩くのだが、エンジン式のラックピニオン式モノレールが
    観光用に設置されており、無料だし、せっかくだからこの
    山モノレールに乗せてもらうことにした。
    ゆっくりだが、最大斜度43度はまるでジェットコースターのよう。
    古民家を見学させていただき、ツツジを堪能する。

    この後、檜原街道をぐるりと回り、風張峠駐車場に車を停めて
    月夜見山山頂(1147m)を目指す。
    風張峠は東京で一番標高が高い道路で1146mだから、単純計算
    では、山頂まで1mだけ登るということになる。
    しかし、月夜見山はマイナーな山らしく、登山道が荒廃していて
    どこを歩いて良いのかわからない所ばかりだ。案の定、道に迷い
    危険な斜面をよじ登ることになる。
    山頂は展望もなく、雨が降ってきそうだったので、駐車場に
    引き返す。時間があったので奥多摩周遊道路を周回し奥多摩湖
    を見ながらプチドライブ。まだ山桜がきれいだった。

    そして今日の目当ての二つ目、『日の出山荘』に立ち寄る。
    元内閣総理大臣・中曽根康弘のかつての別荘で1983年にロナルド・
    レーガン大統領との首脳会談として使用された茅葺き屋根の
    山荘だ。ここも東京とは思えないほど、静かで 幸いなことに
    見学者がなく貸し切り状態でのんびりと落ち着くことができた。



    山歩き | 23:39:22| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ