FC2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年01月 (8)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    雨巻山
    今年最後の山歩きは栃木県益子町の「雨巻山(533m)」。
    低山ながらアップダウンが続き、そこそこハードな山だ。
    さすがに年末の平日ということで、ハイカーとすれ違うこと
    もなく、山頂にさえ人がいないという有様。
    沢や滝があるわけでもなく、これといった特徴もなく
    たぶんつまらない山かも知れないが、この標高533の数字
    は我が家にとっては意味があり、こだわりのある数字なのだ。

    車で通っただけなのだが、益子町の散策は面白そうなので、
    今度は街歩きでここを訪問したいと思う。



    スポンサーサイト
    山歩き | 22:02:28| Trackback(0)| Comments(0)
    養老渓谷
    運動不足の三女に運動をしてもらおうとカミさんの提案で
    ハイキングを始めた。前回は奥多摩御岳渓谷を歩き、今日は
    千葉の養老渓谷だ。
    カミさんは三女にトレッキングシューズをプレゼントする
    という力の入れようだ。

    アクアラインを通り、海ほたるで休憩。富士山がよく見えた。
    海から眺める富士山の姿も趣があって良い。
    名物のアサリを使った食べ物が色々とあったが、あさりバーガー
    "あさりマン"が美味しかった。

    自宅を出て2時間半で養老渓谷に到着。ハイキングコースは3つ
    あるうち、滝巡りコースと弘文洞跡コース+出世観音を歩いた。
    紅葉はほとんど終わっていたが、人混みはなく、問題なく駐車
    ができた。さらさらと流れる渓谷沿いに他愛のない話をしながら
    のんびりと歩く。こんな日常も悪くない。





    山歩き | 22:08:43| Trackback(0)| Comments(0)
    棒ノ折山
    3度目の「棒ノ折山」、奥多摩と奥武蔵の境にある標高969mの山で
    清流が足元を流れる沢歩きができる。
    迫力あるゴルジュ帯を通り、鎖場や心臓破りの急登などの変化に
    富んでいるので、好きな山のひとつだ。
    また我が家から車で90分と近いのと、コースタイムが4時間半と
    お手軽感もある。

    今回は紅葉も終わり、天気もイマイチだったので、人気の山にしては
    登山者は少なく静かな山歩きができた。
    写真にある白いのは「霜柱」で、とても寒かったが、こういう時こそ
    カップラーメンが美味い。
    山頂から筑波山、男体山など色々な山が見える一方、スカイツリーや
    新宿高層ビル群なども見えたことが印象的だった。



    山歩き | 22:21:14| Trackback(0)| Comments(0)
    鍋割山
    神奈川県丹沢の「鍋割山」を登る。かねてから行ってみたい
    と思っていた山だ。
    山頂は開けていて富士山が間近に見れることや沢があるなど
    人気の山なのだが、それ以上に鍋割山を有名にしているのは
    山頂にある山小屋の「鍋焼きうどん」が絶品なのだ。
    恐らく登山者のほとんどが、このうどんを目当てに登って
    いるのだと思われる。登山者が多い時には、注文してから
    1時間以上も待つとも言われている。
    噂通り確かに美味い。苦労して登ってきたという気持ちも
    あるが、具だくさんであつあつの鍋焼きうどんは今まで
    食べた中で一番美味かった。これで1000円なら大満足だ。
    天気も良く、富士山もきれいに見えて快適な山歩きだった。

    ちなみに、電車だと大倉バス停から登山口まで、70分ダラダラ
    歩くが、車なら登山口近くの「表丹沢県民の森」の駐車場まで
    行けるので、往復140分 短縮できる。
    健脚者はそのまま「塔ノ岳」まで行くようだが、俺にはそんな
    元気はない。



    山歩き | 22:29:26| Trackback(0)| Comments(0)
    日光白根山
    百名山の「日光白根山」を登る。今がちょうど紅葉の見頃とのこと。
    天気予報では曇のち晴れということで、この日を選んだのだが朝
    から雨。そのうちに止むだろうと期待しつつ、登山開始するも
    霧雨が続く。(天気予報 ハズレじゃん)

    日光白根山の標高は2578m、関東地方の最高峰の山で真冬並みの
    寒さの中、なんとか登頂。本来であれば、360度の大パノラマ
    らしいのだが、靄で何も見えず。
    会社を休み、早起きして片道180キロを運転し、雨の中歩いて
    これかよ。ガッカリ。
    唯一の救いは「百名山の一つを登頂した」という自己満足と車の
    中から見えた小暮真望の作品のような景色が素敵だったこと。
    まぁ、山登りをするからにはこんなこともしかたないか。。。
    帰りは日光でゆばをたらふく やけ食いしてやったぞ。



    山歩き | 22:00:03| Trackback(0)| Comments(0)
    西沢渓谷
    先日の御岳渓谷に続き、今日は次女とその彼氏を連れて山梨県
    西沢渓谷を歩く。軽いハイキングかと思いきや、アップダウンが
    続き、想像以上にタフだった。ここには「日本の滝百選」にも
    選ばれた幻の滝"七ツ釜五段の滝"がなんとも圧巻だ。
    渓流沿の8つの滝が織りなす渓谷美はとても素晴らしかった。
    スリリングな吊橋や沢歩きも楽しめ、これからの紅葉の季節は
    さぞかし素敵だろう。また行きたいスポットのひとつだ。



    山歩き | 22:32:41| Trackback(0)| Comments(0)
    御岳渓谷
    運動不足の我が家の三女がダイエットを意識して山デビュー。
    初回で嫌になるといけないので、まずは超初心者コース
    「御岳渓谷(奥多摩)」を歩くことにした。

    舗装された渓流沿いの遊歩道を1時間ほど歩くと小洒落た
    レストランがあり、そこでケーキ&ドリンクタイム。
    帰りは渓流の反対側を歩き、往復3時間ほどのハイキング。
    天気も良かったので、まずまずのデビューだったようだ。



    山歩き | 22:22:43| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ