■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年08月 (7)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    富士山に登る
    念願の富士山登頂。山歩きを始めてちょうど3年。
    いつか登りたいと思っていた富士山に登る。
    五合目から初心者向けの「吉田ルート」、噂通りの混雑で
    大渋滞の中、ぞろぞろと歩く。半数近くが外国人だった。
    山小屋(本八合目トモエ館)まで6時間を費やす。3人部屋
    に5人で泊まることになり、とても寝れる状態ではない。
    幸いご来光はきれい見れたのが印象的。
    下山は滑りやすく、太陽を遮る木かげもなくただ疲れた。
    よく言われることだが、富士山は登る山でなく、眺める山
    だとつくづく思う。






    スポンサーサイト
    山歩き | 23:40:46| Trackback(0)| Comments(0)
    猛暑の御岳渓谷
    毎日、30度を超える日が続く。こんな日に山歩きをしたら
    熱中症になるだろうなと思いつつ、実験してみたくなった。
    奥多摩の御岳渓谷をゆっくり歩く。車道を歩いている時は
    ぶっ倒れそうだったが、ハイキングコースに入り、
    木かげを歩き、そよ風があるとさほど暑くはないということが
    わかった。また渓谷沿いのこのコースは舗装されていて、
    ハイヒールでも歩けるのでデートコースにも使えそうだ。

    もうひとつの実験は口コミで悪評の「もえぎの湯」がどのくらい
    ひどいのか実際に訪問して調べてみたくなった。
    たしかに週末の夕方に来ようものなら、混んでいてのんびりと
    お湯に浸かることができないだろうし、休憩所も混雑していたら
    食券を買うのさえ時間がかかりそうだが、今日はたまたま幸運にも
    空いていて、口コミで聞いていたより悪い印象はない。
    ビールと枝豆はすぐに出てきたので俺的にはオッケーだが、お値段
    が少々高いのがいただけないが。。



    山歩き | 22:52:14| Trackback(0)| Comments(0)
    南沢あじさい山
    以前から気になっていた東京あきる野市にある「南沢あじさい山」
    を訪れた。高速道が空いていたので、我が家から1時間20分で到着。
    ここは南沢さんという個人の私有地なので、入山料というか管理料
    というか、お気持ち代として500円を支払い山に入る。
    急峻な山間に木々を覆うように約1万株の紫陽花が咲き乱れ、とても
    幻想的なパノラマ景色だ。茅葺屋根の民家が絶妙にマッチしている。

    ここの紫陽花を堪能した後、金比羅山を目指す。山頂近くと思われる
    辺りに出るが山頂が見当たらない。そうこうしていると同じように
    山頂を探しているという山ガールたちや老夫婦と出会う。皆、山頂が
    わからないと言う。不親切だと互いに共鳴し合い盛り上がる。

    ぐるりとハイキングコースを周り、約3時間。車に戻り、ランチは
    お目当ての蕎麦屋「寿庵忠左衛門」、創業150年 江戸時代から続く
    製麺業の老舗とのこと。こしがあって麺そのものが美味い。

    その後はこれまた今日のお目当ての温泉『瀬音の湯』。露天風呂から
    秋川渓谷が見えてのんびり出来た。入湯料900円はリーゾナブル。
    この辺りの渓流にはホタルも飛び交うらしいが、夜まで居れない
    ので残念。宿泊コテージもあるのでいつか泊まりで来てみたい。



    山歩き | 23:26:17| Trackback(0)| Comments(0)
    大楠山
    山仲間と横須賀にある「大楠山(242m)」に登る。
    低山ながら意外とハード。山頂展望台からは360度の景色が堪能できる。
    三浦半島、伊豆半島、箱根連山、大島、房総半島の一大パノラマだ。
    条件が良ければ、富士山やスカイツリーも遠くに見ることができるらしい。
    ゴールは前田川の沢歩きにした。この川は大楠山の湧き水が集まって
    できた清流で、綺麗な川でしか生息しない鮎、さわ蟹、カワセミ等が
    生息している。全長2.2kmのうち1.4kmが 「前田川遊歩道」として整備
    されている。

    逗子駅から隣の東逗子にある銭湯「あずま湯」で汗を流し、寿司屋で
    ビールで乾杯。呑み過ぎてよく覚えていないのだが、連れが新宿まで
    ロマンスカーで帰ろうというので、それに従ったらえらく遠回りで
    帰宅したのは10時を過ぎていた。まっ、楽しかったらよしとするか。



    山歩き | 23:46:26| Trackback(0)| Comments(0)
    お手軽なハイキング
    日影沢~小仏城山~千木良 お手軽なハイキングコース。
    下山後は天下茶屋(日帰り温泉)でひと風呂浴びてビール。




    山歩き | 23:52:34| Trackback(0)| Comments(0)
    衣張山
    鎌倉のハイキングコースの中でも、絶景を楽しむなら、衣張山(きぬばりやま)
    がお薦めだ。とりわけ展望台『パノラマ台』からの絶景<鎌倉・逗子の街並み
    と海を楽しむことができる>は低山ながらも素晴らしい。




    山歩き | 22:13:02| Trackback(0)| Comments(0)
    鳴虫山
    日光市にある「鳴虫山」を歩いてみた。
    この山は駅からすぐ近くに登山口があるというのがウリなのだが
    敢えて車で行く。高級旅館のような市役所の駐車場は土日は無料
    開放してくれている。
    標高1102mと低山ながらもアップダウンが激しく、意外とハードだ。
    ちょうど1週するかたちになる。
    途中に沢や滝があるわけでもなく、眺望もイマイチで森林浴に
    きたと思うことにした。
    ゴールとなる「憾満ガ淵」は渓谷が清々しく疲れが吹き飛んだ。




    山歩き | 22:59:16| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ