■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    檜原村を散策
    東京都本州における唯一の村である「檜原村」を歩く。
    今日の目当ては国の重要文化財『小林家住宅』にある250本の
    山ツツジだ。『小林家住宅』は近くの駐車場から急登を30分
    歩くのだが、エンジン式のラックピニオン式モノレールが
    観光用に設置されており、無料だし、せっかくだからこの
    山モノレールに乗せてもらうことにした。
    ゆっくりだが、最大斜度43度はまるでジェットコースターのよう。
    古民家を見学させていただき、ツツジを堪能する。

    この後、檜原街道をぐるりと回り、風張峠駐車場に車を停めて
    月夜見山山頂(1147m)を目指す。
    風張峠は東京で一番標高が高い道路で1146mだから、単純計算
    では、山頂まで1mだけ登るということになる。
    しかし、月夜見山はマイナーな山らしく、登山道が荒廃していて
    どこを歩いて良いのかわからない所ばかりだ。案の定、道に迷い
    危険な斜面をよじ登ることになる。
    山頂は展望もなく、雨が降ってきそうだったので、駐車場に
    引き返す。時間があったので奥多摩周遊道路を周回し奥多摩湖
    を見ながらプチドライブ。まだ山桜がきれいだった。

    そして今日の目当ての二つ目、『日の出山荘』に立ち寄る。
    元内閣総理大臣・中曽根康弘のかつての別荘で1983年にロナルド・
    レーガン大統領との首脳会談として使用された茅葺き屋根の
    山荘だ。ここも東京とは思えないほど、静かで 幸いなことに
    見学者がなく貸し切り状態でのんびりと落ち着くことができた。



    スポンサーサイト
    山歩き | 23:39:22| Trackback(0)| Comments(0)
    巨大なラブレター
    新緑の季節、俳句の世界では「山笑う」という。
    草木が萌え始め、のどかで明るい春の山の形容だそうだ。
    そんな中、今日は神奈川県相模原市にある高倉山・金剛山
    をのんびりと歩く。
    20年くらい前だろうか、中央高速道の相模湖辺りから山の
    斜面に巨大なラブレターを発見したことがある。
    以来、そこを通るたびに見つけるし、中央線でも藤野駅
    からよく見えることがわかった。
    調べてみたところ、正式名称は「緑のラブレター」といい
    1989年に藤野市の町おこしで制作されたようだ。

    今回登るのは、その緑のラブレターのある山と隣の金剛山、
    低山ながらアップダウンあり、ヤマツツジと桜が楽しめた。
    天気も良く、気温は22度、半袖Tシャツ1枚でも汗をかく。
    途中の「正念寺」の枝垂れ桜は見事であった。
    下山した後、ふじの温泉東尾垂の湯に立ち寄る。
    この露天風呂からも満開の桜を堪能することができた。
    温泉からあがり、生ビールで乾杯♪
    気持ちよく酔っ払ってしまったが、ここから帰宅するまで
    約2時間半はしんどいのだ。

    俳句の山の季語
    春・・・「山笑う」
    夏・・・「山滴る(したたる)」「山茂る」
    秋・・・「山装う」「山飾る」
    冬・・・「山眠る」




    山歩き | 23:58:35| Trackback(0)| Comments(0)
    秩父 四阿屋山
    北秩父の四阿屋山(あづまやさん)標高772mを歩いてみた。
    この時期は福寿草がきれいに咲いているらしい。
    ネットで調べてみたところ、山頂までちょっとした鎖場は
    あるものの危険ではないそうだが「つつじ新道」という
    コースは上級者向けで険しい岩場が連続しており、初心者
    立ち入り禁止になっている。そんな危ない所は避けること
    にしよう、、、と思っていた。

    期待していた福寿草は既に終わりかけていて、ちょびっと
    黄色の花が残っていた程度でガッカリ君だ。
    富士山が見えたわけでもなく、俺の好きな沢や滝があるわけ
    でもなく、このままでは印象に残らない山になってしまうと
    考えた末に、危険と言われている「つつじ新道」とやらが
    どれだけ険しい岩場なのか興味がわいてきた。
    ちょっとだけ覗いてみようか、危なかったら引き返せば
    いいだろう、、、なんてノリで「つつじ新道」に挑戦。

    確かに鎖場の連続だが、そんなにビビるほどの感じでは
    ないかなぁ~と思っていた矢先、最後の難所に出た。
    4~5mの垂直に近い岩場で、足を掛ける場所がほとんど
    なく、鎖と己の腕力を頼りに降りることになる。
    うーむ、これは本当にいわば「危険が危ない」岩場だ。
    慎重にやっとの思いで無事にクリア。
    福寿草は残念だったが、スリリングで印象に残った山行
    になった。自信過剰になってはいけないが、上級者コース
    健脚者向けを経験したことで、ちょっとだけ自信に繋がった。



    山歩き | 23:10:31| Trackback(0)| Comments(0)
    次女の山デビュー
    次女が山デビューをするというので、付き合うことになる。
    超初心者コースの山を候補にしたが、もっと有名なところで
    ないと話題にならないとわがままを言うので、なんちゃって
    百名山の「筑波山」にした。
    筑波山は我が家から車で80分と近いので、実は俺のデビュー
    もここからだった。
    "小学生が遠足で登る山"と言われているが、なかなかハードな
    山だと思う。

    小股でゆっくり歩け、水分は早めに補給しろ、すれ違いは
    登りが優先だのと先生にでもなったかのよう。
    そういえば、彼女がまだ幼稚園の時に自転車の乗り方を教えた
    時のことを思い出した。
    娘と二人で山歩き、良い思い出になりそうだ。



    山歩き | 22:17:40| Trackback(0)| Comments(1)
    梅の「幕山」
    俺は普段、デスクワークな上に 自宅も勤務先も駅から
    近いので、ほとんど歩いていない。平均すると2000歩/日
    といったところだろうか。
    てなわけで、土日は出来る限り身体を動かしたり、歩いたり
    しており、今日は3週続けての山歩き。
    神奈川県湯河原の「幕山」という梅で有名な山を歩いてみた。
    休日ということもあり、大勢のハイカーが訪れていた。
    ハイキングコースは梅のトンネルになっていたり、まるで
    桃源郷のよう。思っていたよりも素晴らしい景色だ。
    山頂から真鶴半島が見えて、天気もよく気持ちのいい山歩き
    になった。
    下山後、湯河原名物の"坦々焼きそば"とやらを食べてみたが
    このB級加減がまた絶妙だったりする。



    山歩き | 23:59:19| Trackback(0)| Comments(0)
    新雪の加波山
    うさぎさん、たぬきさん、きつねさん、かばさん
    そう、今日は茨城県の加波山(かばさん)を歩いてきた。
    筑波山の隣にある山だ。
    天気は良かったが、昨晩 降った雪が残っていて新雪を
    ザクザクと踏みしめる。まるで本格的な雪山登山のよう。
    粉雪が風に舞い、キラキラと光を反射している模様は
    これまで経験のない美しさだ。
    軽アイゼンを持参したが、雪は凍っていなかったので
    滑ることはなく、使用せずに済んだ。
    山頂はかなり冷え込んでいたが、雪景色を見下ろしながら
    のランチは格別だった。
    低山でも新雪残る山歩きは爽快で印象的だった。



    山歩き | 23:57:03| Trackback(0)| Comments(0)
    山頂方位盤のミス
    我が家から最も近い山が茨城県の宝篋山だと思う。
    筑波山の手前にあり、車で1時間少しで登山口に着く。
    ここの山頂方位盤に記載されている名前の誤植を発見。
    正しくは「榛名山」と示すところを「椿名山」とある。
    石を掘ってあるので修正も出来なかったのだろう。
    ミスした人、さぞ怒られただろうな。
    いや、まだ気が付かないままになっているかも。



    山歩き | 23:23:40| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ