fc2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2021年10月 (4)
  • 2021年09月 (12)
  • 2021年08月 (12)
  • 2021年07月 (13)
  • 2021年06月 (10)
  • 2021年05月 (9)
  • 2021年04月 (10)
  • 2021年03月 (12)
  • 2021年02月 (11)
  • 2021年01月 (10)
  • 2020年12月 (10)
  • 2020年11月 (10)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年09月 (11)
  • 2020年08月 (12)
  • 2020年07月 (12)
  • 2020年06月 (9)
  • 2020年05月 (9)
  • 2020年04月 (13)
  • 2020年03月 (13)
  • 2020年02月 (15)
  • 2020年01月 (13)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    山の日
    今日は「山の日」、本来は8月11日であるが、オリンピック
    の関係で今年だけ移動された。
    2016年(平成28年)に新設された祝日で、まだ5年目だ。
    「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを
    趣旨としているとのこと。

    俺は55歳の年、2014年に山デビューと遅い。7年間の登山
    履歴はこまめに記録していて、先日の谷川岳は148座目。
    平均すると月に1.7回、登っていることになる。

    山登りの効用は、人によって多少異なると思うが、一般的
    には、こんなところだろう。
    俺は、"健康的であまりお金のかからない趣味"と位置づけている。



    スポンサーサイト



    山歩き | 09:30:03| Trackback(0)| Comments(0)
    谷川岳
    今年の夏山は百名山の「谷川岳(1977m)」。
    2000m級だが、ロープウェイで1500m地点まで行ける。
    緊急事態宣言中の平日にも関わらず、人気の山なので混雑
    していた。例年だと外国人も大勢いたと思うが、さすがに
    今回はほとんど見かけることはなかった。

    快晴で日差しも強かったが、気温は23度。都内と10度ほど
    低い。風もちょうど良く快適な山歩きができた。
    初心者向けと案内しているサイトもあるが、鎖場もあり
    岩をよじ登ったり、急登もあり、決して初心者コースでは
    ないと思う。
    山頂からは360度の絶景が一望できた。「青山ここにあり」
    という感じだ。やはり2000mの景色は、いつもの低山とは
    まったく違う。
    山登りする度に思うことだが、「えー、あんなところまで
    登るの!」「ひー、あそこから下りてきたの!」
    今回の谷川岳はまさにその連続だった。



    山歩き | 23:27:34| Trackback(0)| Comments(0)
    かすがの森
    信州旅行、3日目。
    これまで天気に恵まれていたが、さすがに梅雨の時期なので
    今日は霧の中、「かすがの森」を散策。マイナスイオンを
    たっぷりと取り込んだ気持ち。

    信州に来たからには、やはり蕎麦を食べたいということで、
    この辺りでは有名らしい「らいあん・はぎわら」というお店にいく。
    お値段、少々高めだがお味に満足。

    カーナビで自宅を入れたら、現在地から180キロ。
    時間もあるし、高速道路は使わずに「道の駅」をハシゴ
    しながら帰宅。
    2泊の山歩きは少し疲れたが、こんな非日常もまた楽しい。



    山歩き | 22:15:00| Trackback(0)| Comments(0)
    御泉水自然園
    信州旅行、2日目。
    御泉水自然園トレッキングコースをのんびりと散策。
    鳥のさえずりをBGMに、滝や小川があり、心地よい。とりわけ素敵だったのは、
    「女神のそらテラス1830」。名前の通り女神湖と北アルプスが
    よく見える贅沢な展望台だ。ソファやハンモックが常設されており
    昼寝にはちょうどいい。



    山歩き | 23:47:50| Trackback(0)| Comments(0)
    北横岳
    結婚35周年ということでカミさんと信州旅行。共通の趣味である
    山歩きを2泊ですることになった。
    初日は八ヶ岳の「北横岳(2480m)」、北八ヶ岳ロープウェイを
    利用すれば、山頂まで90分程度だ。2千メートルを超えると涼しく
    日陰ではまだ残雪もあった。頂上からの展望は素晴らしく日本三大
    アルプスが一望できるのがこの山の魅力だ。

    下山後、こじゃれたリゾートホテルに泊まる。風呂上がりの
    地ビールがめっちゃ美味かった。




    山歩き | 23:28:25| Trackback(0)| Comments(0)
    関八州見晴台~顔振峠
    久しぶりの山歩き。黒山三滝の無料駐車場に車を駐めて川のせせらぎ
    を聞きながら関八州見晴台を目指す。
    関八州とは、江戸時代、関東八か国の総称で、武蔵、相模、上野、
    下野、上総、下総、安房、常陸のこと。
    つつじが素晴らしいとのことだが、残念ながら花は終わっていた。
    標高771m、あと6メートル頑張って、7のゾロ目になっていたら
    ハイカーは2倍に増えたのではないだろうか。
    山頂で関八州と思われる景色を見下ろした後、高山不動尊に向かう。
    推定樹齢800年といわれる大いちょうの巨木がある。
    カミさんは例によって御朱印をもらっている。

    ここからダラダラと林道を歩いて、顔振峠(かあぶりとうげ)に向かう。
    お茶屋が3軒あり、山並みの景色を見ながら休憩できる。
    「秩父路サイダー」なるものを注文。
    ここから黒山三滝に戻るのだが、途中「渋沢平九郎自刃の地」がある。
    今年の大河ドラマの主人公、渋沢栄一の義弟でめっちゃイケメンという
    こともあり、女性のハイカーが大勢いた。

    急登や危険な場所はなく、コースタイム4時間半の初心者向け
    ハイキングコース。天気も良く暑くもなく快適な山歩きになった。



    山歩き | 22:11:51| Trackback(0)| Comments(0)
    三毳山
    栃木県佐野市の『三毳山』、みかも山と読む。最高峰は青竜ヶ岳
    と呼ばれ、標高は229 mのウルトラ低山だ。
    三毳、毛が3本だが、オバケのQ太郎とは関係ないらしい。
    カタクリの群生と山桜が見事で快適なハイキングを楽しめた。
    下山後は、佐野市名物の『耳うどん』なるものを食べる。
    見た目以上に意外とボリュームがあり、満足。



    山歩き | 20:25:58| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ