FC2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ふるさとの駄菓子展
    江戸時代より日本各地で作られてきた郷土駄菓子をテーマ
    にした展覧会が京橋LIXILギャラリーで開催中だ。
    駄菓子をめぐる庶民文化の考察とも言えよう。
    駄菓子の定番「梅ジャム」やガキの頃に食べた駄菓子が
    世の中から姿を消していくのは寂しいものだが、これらの
    駄菓子を約半世紀に渡って調査・研究されている方がいる。
    石橋幸作さんという人で駄菓子のスケッチ帳や紙粘土を
    使って昔の駄菓子を復元した模型など約200点が展示した
    のが先の展示会だ。

    ところで、なぜ「駄菓子」というかご存じだろうか。
    昔はとても貴重だった白砂糖を使った菓子を「上菓子」と呼んだ
    そうで、それに対して水飴や黒砂糖を使った庶民向けの菓子を
    「駄菓子」と言ったらしい。そして駄菓子は各地の風土や歴史、
    文化などを反映した「ふるさとの味」に発展していった。



    スポンサーサイト
    散歩 | 22:24:34| Trackback(0)| Comments(0)
    ひょうたん屋敷
    普通のお宅。よほど「ひょうたん」がお好きのようだ。



    散歩 | 22:57:21| Trackback(0)| Comments(0)
    旧江戸川乱歩邸
    大衆文化研究センター(旧江戸川乱歩邸)





    散歩 | 22:43:10| Trackback(0)| Comments(0)
    柴又散策
    いつの間にか俺が幹事をすることになった「街歩き(徘徊じゃねぇーぞ)」
    も今回で5回目になり、リクエストが多かった『柴又』を散策する。
    待ち合わせは駅前の寅さん像の視線10メートル先。
    友人の「おもちゃ博物館」で昭和レトロなおもちゃを懐かしいと盛り上がる。
    お約束の参道商店街で「草だんご」が買い、お約束の帝釈天でお参り。
    帝釈天は「彫刻の寺」と言われ、有料だが、「彫刻ギャラリー」は実に圧巻。
    素晴らしく見応えがある。

    そしてこれまたお約束で「山本亭」に立ち寄る。
    日本庭園は270坪。縁先の近くには池泉を、背後には緑濃い植え込みと築山
    を設けて滝を落とすという典型的な「書院庭園」方式だ。
    時間があれば、お約束の「寅さん記念館」に行きたいところだが、今回はパス。
    そしてお約束の「矢切の渡し」、江戸川を歩く。映画「男はつらんいよ」にも
    よく登場するのだが、レトロ感たっぷりのとんがり帽子の「取水塔」に郷愁を抱く。

    柴又というと、どうしてもお約束のコースになってしまうが、金町までのんびり
    歩いて3時間。徘徊メンバーにはちょうど良い疲れ具合だったのではないだろうか。



    散歩 | 23:39:24| Trackback(0)| Comments(0)
    見沼田んぼの桜回廊
    総延長20km超 日本一の『見沼田んぼの桜回廊』を踏破。
    途中、少し途切れているところもあったが、概ね桜並木が
    延々と続いている。とりわけ大崎公園~さぎ山記念公園
    あたりが素敵だ。混雑度はたぶん上野公園の1/100くらい。
    20Kmも歩くといい加減、疲れたが10年分の桜を満喫した気分。
    都心からも比較的近いので、お薦めだ。



    散歩 | 22:04:40| Trackback(0)| Comments(0)
    平林寺の紅葉
    俺が「中央区観光協会」の特派員ガイドをしていることが
    きっかけで、中央区の観光スポットを案内しましょうという
    ことで友人たちと『街歩き』を昨年5月に始めた。
    以来、なぜか守備範囲外の立石、谷根千を案内することになり、
    今回に至っては埼玉県新座市の平林寺を散策しようとなった。
    お寺と言っても1周するのに90分もかかり「街歩き」ならぬ
    「寺歩き」だ。紅葉はちょうど見頃で満喫できた。ここは京都
    ぽさもあり、また武蔵野の面影が残っていて心が癒やされる場所だ。



    散歩 | 22:56:13| Trackback(0)| Comments(0)
    早稲田大学キャンパスツアー
    この写真、何だかわかるだろうか。
    早稲田大学 大隈講堂時計台の裏側から撮影したもの。
    大学の「キャンパスツアー」に参加し、普段は入ることが
    できない所を案内してもらった。約90分のツアーは想像以上に
    楽しかった。誰でも参加できるので暇つぶしにはお薦めだ。




    散歩 | 22:39:40| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ