■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2018年06月 (12)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (14)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    学歴
    昨日に続いて受験の話。
    高校3年になった時、担任の先生からこんなことを言われた。
    「学歴は関係ないという風潮もあるようだが、私はまだ暫く学歴社会
    は残ると思う。本人が好む好まざるに関わらず学歴は一生、君たちに
    付きまとうと思うので、進学については慎重に考えて欲しい」と。

    俺は幸いにも胸の張れる大学に入学できたので、確かに母校の知名度
    は有利に働いたと思う。例えば、就職や転職した際、合コンや結婚
    する時、お見合いの経験はないが、たぶんプラス要因だったと思う。
    子供たちに対しても、恥ずかしくない学校で良かったと思うし、
    両親も安心したと思う。そういう意味で母校に感謝したい。

    しかし、定年退職後は学歴はまったく関係なくなるだろうし、有名
    大手会社に勤務していたとか、立派な肩書があったとか無用なもの
    になるだろう。
    多少の格差はあるかも知れないが、老後は横並びに戻り、やはり
    健康で元気かどうかが人生の幸福度の岐路になるのだろうか。



    スポンサーサイト
    日記 | 23:21:18| Trackback(0)| Comments(0)
    大学受験を振り返る
    今でも「大学受験」の夢をたまに見る。試験日が近いのに勉強が
    追いつかない。覚えるものが覚えられない、、、
    もう40年も経つのに、こんな夢を見るのだからトラウマという
    やつかもね。でも大学受験で人生において事前準備の大切さを
    学んだように思う。

    受験の頃にラジオ講座で、なんとかという有名な先生が言っていた
    言葉に幾度と励まされたことがある。たしかにこんな内容だった。
     「夏休みにガールフレンドと海にいったりデートするのも青春
     だろう。でも君は遊びもせずにコツコツと受験勉強をしている。
     それもまた別の意味で青春だろう。今、どちらの青春が君にとって
     大切なのか君なりに考えてもらいたい」
    林修さんの「いつやるの?今でしょ!」とだいたい同じ意味かと
    思うが当時の俺には響いていた。

    まぁ、振り返れば あの時に一生懸命に勉強して良かったと思うし
    浪人までさせて大学に行かせてくれた両親には感謝したい。



    日記 | 23:51:07| Trackback(0)| Comments(0)
    ワールドカップに想う
    FIFAワールドカップ、4年毎の開催かぁ~
    そういえば、16年前の2002年は日韓大会だったなぁ。
    月日は流れ、還暦が近づいてきたが そんなに悪い
    中年時代ではなかった。



    日記 | 23:02:57| Trackback(0)| Comments(0)
    鎖骨フェチ
    はっきり言って、カトパンの鎖骨が好きだぁ~♪




    日記 | 23:11:27| Trackback(0)| Comments(0)
    貴女はどちら?


    日記 | 23:29:42| Trackback(0)| Comments(1)
    最後の店


    日記 | 23:27:14| Trackback(0)| Comments(0)
    人間ドック
    年に一度の人間ドック。メタボにひっかからぬよう
    2週間前から無理なダイエットをし、アルコールを
    控え、かえってストレスを溜めながらこの日を迎える。
    当日は朝から飲食をするな、血を採られるわ、バリウム
    を飲まされ、不自然な格好でグルグル回されるわ、
    発泡剤を飲むがゲップを我慢せよ・・・と健康診断と
    いいつつ、逆に不健康になりそうなのが人間ドック。
    まぁ、年に一度だからいいけど。

    バリウムは一昔前に比べて、随分と飲みやすくなった
    と言う人が多い。この検査は正式には「上部消化管X線
    検査」といい、バリウムが粘膜の表面を滑り落ちていく
    様子を撮影し異常を発見する。異物であるバリウムが
    体内に残ってはいけないので、下剤を飲んで強引に排出する。
    一般的には排出するまで、6時間くらいかかるらしいが
    俺の場合、5分で出すことができる。もはや特技と言って
    も良いだろう。



    日記 | 21:55:56| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ