FC2ブログ
■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2020年02月 (8)
  • 2020年01月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (13)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年09月 (12)
  • 2019年08月 (15)
  • 2019年07月 (14)
  • 2019年06月 (13)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (14)
  • 2019年03月 (14)
  • 2019年02月 (13)
  • 2019年01月 (13)
  • 2018年12月 (14)
  • 2018年11月 (13)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年09月 (16)
  • 2018年08月 (13)
  • 2018年07月 (13)
  • 2018年06月 (14)
  • 2018年05月 (12)
  • 2018年04月 (15)
  • 2018年03月 (14)
  • 2018年02月 (11)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (12)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (7)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (13)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (19)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (22)
  • 2006年07月 (21)
  • 2006年06月 (20)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (9)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (24)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (27)
  • 2004年09月 (1)
  • 2004年08月 (1)
  • 2004年07月 (1)
  • 2004年06月 (1)
  • 2004年05月 (1)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2004年01月 (1)
  • 2003年12月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年10月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    映画パディントン
    先日、BSで放映したいた映画『パディントン』を録画して見た。
    舞台はイギリスのロンドン。去年、旅行したこともあり知って
    いる景色や日常があった。パディントン駅にも立ち寄ったので
    妙に懐かしい気持ちにもなった。
    ストーリーは期待せずに景色を楽しみたいと思ったが、非常に
    よくできた作品だった。
    イギリスということもあり、007、ハリーポッター、ミッション・
    インポッシブルのパロディも笑いのツボだ。
    基本路線は家族愛だが、スリリングな場面に引き込まれる。
    こちらのページで絶賛しているので参考にされたし。
    もふもふクマに癒やされよう。



    スポンサーサイト



    映画・テレビ・芸能 | 22:37:14| Trackback(0)| Comments(0)
    夏の騎士
    百田尚樹の『夏の騎士』を一気に読んだ。
    舞台は昭和最後の夏、3人の小学6年生の冒険と小さな恋の物語。
    主人公が31年前の出来事をきっかけに"人生で最も大切なもの。
    それは、勇気"と結んでいる。エピローグでの締め方も百田尚樹らしく
    百田版「スタンド・バイ・ミー」といったところ。
    中学生に読んでもらいたい作品だ。



    BOOK | 22:49:28| Trackback(0)| Comments(0)
    お父さん
    お父さん、ありがとう。



    日記 | 22:54:26| Trackback(0)| Comments(0)
    ドライブレコーダー
    このキャンペーンはお得だと思う。
    去年の12月にこれを申し込み、いくつかの条件を
    クリアしたら、16,000円分くらいのポイントがついた。
    このポイントで新しくドライブレコーダーを購入。
    リアカメラも付いて画像も鮮明で満足している。

    ドライブレコーダーは今から5年くらい前に中国製の
    3980円というおもちゃみたいものを買ったのだが、
    日付は何度設定してもすぐに狂うし、画質が悪く
    相手のナンバープレートすら見えない。夜間に至っては
    まったく役に立たないしろもので、要するに「安かろう
    悪かろう」の気休めグッズ。
    昨今のあおり運転などを警戒して買い替えたというわけだ。
    いや、実際はただでもらったポイントを使ったので
    楽天とLINEからのプレゼントかな。



    日記 | 22:06:36| Trackback(0)| Comments(0)
    タイムスリップ
    最近、気に入っているテレビドラマに『テセウスの船』と
    『ハイポジ 1986年、二度目の青春。』がある。
    どちらもタイムスリップものだ。
    『テセウスの船』は過去に戻って父の無罪を証明しようと
    するヒューマンドラマ、『ハイポジ』は冴えないおっさんが
    高校生に戻り青春をやり直すというストーリー。
    もし自分だったら、、、と置き換えて見るとなかなか楽しい。

    俺が過去に戻ってやり直せるとしたら、いつかなぁ~
    うーん、面倒くさいから今のままでいいや。
    今の人生もそんなに悪くない、、、



    映画・テレビ・芸能 | 22:34:03| Trackback(0)| Comments(0)
    お父さん
    お父さん、ありがとう。








    .


    日記 | 22:58:58| Trackback(0)| Comments(0)
    チョコらーめん 禁断の恋
    2月に入ると世間はいきなりバレンタインデーモードになる。
    学生時代は一喜一憂していたこのイベントも還暦を過ぎた
    オヤジにはどうでもいい年間行事になってしまった。
    チョコレートの変わり種が登場するのを期待するくらいだ。

    さて、今年は幸楽苑の「チョコらーめん」が衝撃的だ。
    実際に口にする勇気がないので、こちらのページを参考に
    されたし。意外と「そこそこ行ける」らしい。



    ニュース | 22:47:42| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ