■PROFILE

はすぴー

  • author: はすぴー
  • 白黒テレビでウルトラマンを見て育った世代のオヤジです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年09月 (12)
  • 2017年08月 (10)
  • 2017年07月 (10)
  • 2017年06月 (12)
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (10)
  • 2017年03月 (12)
  • 2017年02月 (15)
  • 2017年01月 (14)
  • 2016年12月 (17)
  • 2016年11月 (15)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (15)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (7)
  • 2016年06月 (6)
  • 2016年05月 (6)
  • 2016年04月 (8)
  • 2016年03月 (7)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (7)
  • 2015年12月 (9)
  • 2015年11月 (8)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年09月 (11)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (9)
  • 2015年05月 (4)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (9)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (9)
  • 2014年12月 (8)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (6)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (2)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (9)
  • 2014年01月 (8)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (11)
  • 2013年10月 (9)
  • 2013年09月 (7)
  • 2013年08月 (6)
  • 2013年07月 (6)
  • 2013年06月 (6)
  • 2013年05月 (11)
  • 2013年04月 (6)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年02月 (6)
  • 2013年01月 (3)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年09月 (6)
  • 2012年08月 (7)
  • 2012年07月 (4)
  • 2012年06月 (2)
  • 2012年05月 (12)
  • 2012年04月 (12)
  • 2012年03月 (5)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (11)
  • 2011年12月 (6)
  • 2011年11月 (5)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年09月 (5)
  • 2011年08月 (6)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (4)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (10)
  • 2011年01月 (9)
  • 2010年12月 (8)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (7)
  • 2010年08月 (8)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (3)
  • 2010年05月 (4)
  • 2010年04月 (5)
  • 2010年03月 (4)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (3)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (14)
  • 2009年09月 (7)
  • 2009年08月 (4)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (8)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (9)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (5)
  • 2008年05月 (3)
  • 2008年04月 (2)
  • 2008年03月 (4)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (7)
  • 2007年12月 (14)
  • 2007年11月 (2)
  • 2007年10月 (10)
  • 2007年09月 (10)
  • 2007年08月 (12)
  • 2007年07月 (13)
  • 2007年06月 (12)
  • 2007年05月 (16)
  • 2007年04月 (16)
  • 2007年03月 (13)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (10)
  • 2006年10月 (18)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (18)
  • 2006年07月 (19)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (18)
  • 2006年04月 (12)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (16)
  • 2005年12月 (16)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (6)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (12)
  • 2005年06月 (11)
  • 2005年05月 (21)
  • 2005年04月 (21)
  • 2005年03月 (25)
  • 2005年02月 (19)
  • 2005年01月 (29)
  • 2004年12月 (30)
  • 2004年11月 (29)
  • 2004年10月 (26)
  • 2004年09月 (1)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ペヤングソース焼きそばトースト
    家には誰もいない。腹は減ったが料理する気分になれない。
    そんな時のイチオシはこれだ。↓

    ① トーストした食パンにマヨネーズに塗り、ペヤングソース
      焼きそばを乗せる
    ② 懐かしのテレビドラマ『傷だらけの天使』の如く、牛乳と
      缶コンビーフをかじりつつ、①に食らいつく
    ③ 生野菜があるとベター。キャベツとか大玉トマトはそのまま
      がぶりつく。

    ジャンクなD級グルメと言われそうだが、これだけで庶民の
    俺はかなり贅沢な気分になれる。




    スポンサーサイト
    料理 | 23:06:15| Trackback(0)| Comments(0)
    早稲田大学キャンパスツアー
    この写真、何だかわかるだろうか。
    早稲田大学 大隈講堂時計台の裏側から撮影したもの。
    大学の「キャンパスツアー」に参加し、普段は入ることが
    できない所を案内してもらった。約90分のツアーは想像以上に
    楽しかった。誰でも参加できるので暇つぶしにはお薦めだ。




    散歩 | 22:39:40| Trackback(0)| Comments(0)
    コーヒー牛乳線香
    お線香の製造販売を手掛けている大阪に本社を持つカメヤマという
    企業がある。この会社の「好物線香」シリーズがユニークだ。
    故人の好物だったモノの香りがお線香なのだ。
    たとえば、サクマドロップス、不二家ネクター、ボンタンアメ
    いちごミルク、夕張メロンキャラメル、ブラックコーヒー・・・
    こんな香りのするお線香を製造販売している。

    そして、この11月には昭和レトロを感じる「コーヒー牛乳線香」
    (税抜680円)を発売するという。
    銭湯のお風呂上りに「コーヒー牛乳」を腰に手をあてて、ゴクン
    ゴクンと飲んだ記憶に思いを馳せる。そんな昭和の記憶を呼び起
    こすお線香の香りで古き良き時代を思い出してみようか。







    おもしろグッズ | 23:20:06| Trackback(0)| Comments(0)
    ハヤシもあるでよぉ~
    文明堂といえば、カステラ1番・電話は2番・3時のおやつを
    連想される方が多いと思うが、実はカステラだけではないのだ。
    文明堂日本橋本店内に「文明堂カフェ」が設置されていて、
    ランチやディナーを楽しむことができる。
    店内は広く、ゆったりとくつろぐことができ、開放感を求めて
    テラス席もある。BGMはスローバラードのジャズが心地よく流れていた。

    ランチメニュー(5種類)は1000円程度でサラダとドリンクが
    付くので、リーゾナブルだ。一番人気は「半熟卵のハヤシライス」、
    甘さ控えめで大人の味付けになっている。
    黒いソースにトロトロで溶けてしまいそうな牛肉と玉ねぎ、
    そして半熟卵のトロトロ感が絶妙にマッチしていて、もはや芸術的
    と言っても過言ではない。
    カステラだけでない文明堂のカフェはインド人もびっくり、
    「ハヤシもあるでよぉ~」・・・笑

    そして注文したドリンクの下には、あの懐かしいCM、こぐま
    ダンス(文明堂豆劇場)のコースター。これを見ただけで、
    思わず「地獄のオルフェ(邦題「天国と地獄」)」が頭の中で
    リフレインしてきそう。







    料理 | 23:10:33| Trackback(0)| Comments(2)
    お買い得でない"お買い損"
    【毎日がお買得】
    1個178円の商品、よりどり2個で498円。
    2個まとめて買うと損をするって、どういうこと?(笑)



    日記 | 22:23:53| Trackback(0)| Comments(0)
    部長、相談があります


    ネタ切れ | 22:25:55| Trackback(0)| Comments(0)
    奥高尾縦走路
    以前から歩いてみたいと思っていた「奥高尾縦走路」。
    高尾山~陣馬山を結ぶ約18キロのコースである。
    一般的には高尾山の登山口を起点とし、小仏城山~景信山~
    明王峠~陣馬山と標高を上げて最後に達成感を味わうプラン
    のようだ。しかし某プログにはその逆コースがお薦めとあった。
    陣馬高原下から陣馬山山頂まではややハードだが、後は
    なだらかな下りが続くこと。また何かトラブルがあった際に
    途中からエスケープできること。さらに最後にバテバテだと
    したら、高尾山からケーブルカーで下山できること。
    そしてゴールと同時に温泉に入れること。
    てなわけで、お薦めの逆コースを選んでみた。

    確かに陣馬山山頂まではきついが、ここまで行けばハイキング
    感覚で山歩きができる。とはいえ、18キロの縦走路なので
    休憩時間を含めて7時間くらいかかる。10時にスタートし、
    ゴールの高尾山登山口に到着したのは5時。この季節だと
    薄暗くなっている。
    にもかかわらず、これから登ろうとしている輩が何人もすれ
    違ったので尋ねてみたところ「昼間は混んでいるので」とのこと。
    さすが世界一登山客が多い山だ。(年間の登山者数は約260万人)

    かなり疲れたが、それなりの達成感はあった。紅葉の時期は日没も
    早いので、朝早くから歩き始めた方が良いだろう。
    今度は新緑の季節に歩いてみようか。



    山歩き | 23:03:27| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ